「一般職」と「総合職」


一般職と総合職は、民間企業のコース別人事管理の職務区分で、1986年の男女雇用機会均等法を契機に導入されるようになったもの。

一般職は補助的な業務に従事する職で、責任を負う可能性や転勤・異動の可能性が低い代わりに、昇給・昇進も一定範囲にとどまる。

総合職は社内の中枢業務を担い、総合的業務に当たる職で、「事務職」とも呼ばれる。
責任を負う可能性や転勤・異動の可能性が高い代わりに、昇給率が高く、管理職や役員にまで昇進の可能性をもつ。

ランダム 今見られているページ
  1. 「予言」と「預言」

  2. 「怪しい」「疑わしい」「訝しい」「いかがわしい」

  3. 「芳香剤」「消臭剤」「脱臭剤」

  4. 「目的」と「目標」

  5. 「すだち」と「かぼす」

  1. 「努める」「勉める」「勤める」「務める」

  2. 「ブイヨン」「コンソメ」「鶏ガラスープ」

  3. 「しらたき」と「糸こんにゃく」

  4. 「初め」と「始め」

  5. 「忖度」と「斟酌」

  6. 「時期」「時季」「時機」

  7. 「バカ」と「アホ」

  8. 「長い」と「永い」

  9. 「始末書」と「顛末書」

  10. 「目的」と「目標」

おすすめ

  1. 「鷹(タカ)」「鷲(ワシ)」「鳶(トビ)」

  2. 「おしるこ」と「ぜんざい」

  3. 「重体」「重傷」「軽傷」

  4. 「越える」と「超える」

  5. 「代表取締役」「社長」「代表取締役社長」

  6. 「森」「林」「森林」

  7. 「交代」と「交替」

  8. 「大トロ」「中トロ」「赤身」

  9. 「思う」と「想う」

  10. 「花」と「華」

TOP