「児童」「生徒」「学生」


一般の会話で、児童と生徒と学生が厳密に区別されることは少ないが、法律では区別されている。

学校教育法では、初等教育を受けている者(小学校・特別支援学校の小学部に在籍する者)を「児童」といい、小学生は「児童」。
中等教育を受けている者(中学校・高等学校に在籍する者)を「生徒」といい、中学生・高校生などは「生徒」。
高等教育を受けている者(大学・高等専門学校に在籍する者)を「学生」といい、短大生・大学生・大学院生・高専生などは「学生」である。

その他、専修学校・各種学校に通う専門学校生(専門学生)などは「生徒」といい、就学前教育の段階にある幼稚園児や保育園児は「幼児」という。

学校教育法以外の法律では、児童の定義が異なる。
児童福祉法、児童虐待防止法、児童買春・児童ポルノ禁止法、児童の権利に関する条約では、満18歳に満たない者。
道路交通法では、6歳以上13歳未満の者。
児童扶養手当法では、満18歳に達してから最初の3月31日を過ぎるまでの者を「児童」という。

学生証・学生服・学割(学生割引)などは、大学生に限らず、中学生や高校生にも用いられる。
言葉の意味としては、児童は子供、生徒は学校で教育を受ける者、学生は学業を修める者のことをいい、言葉の意味と法律上の定義は異なるため、法律と関係のない場面で使用する際は、学校・課程に合わせて、児童・学生・生徒を使い分ける必要がある訳ではない。

ランダム 今見られているページ
  1. 「姑息」と「卑怯」

  2. 「ネックレス」「ペンダント」「チョーカー」

  3. 「特徴」と「特長」

  4. 「利率」と「利回り」

  5. 「ノースリーブ」「タンクトップ」「ランニングシャツ」

  1. 「留意」「注意」「用心」

  2. 「追求」「追及」「追究」

  3. 「居眠り」と「うたた寝」

  4. 「チャーハン」「ピラフ」「焼き飯」

  5. 「寝る」と「眠る」

  6. 「取締役」「役員」「執行役員」

  7. 「特徴」と「特長」

  8. 「臭い」「匂い」「香り」

  9. 「主催」「協賛」「協力」「後援」

  10. 「通夜」「葬儀」「告別式」

おすすめ

  1. 「聞く」「聴く」「訊く」

  2. 「生誕」と「誕生」

  3. 「薄力粉」「中力粉」「強力粉」

  4. 「逮捕」「検挙」「摘発」

  5. 「歳」と「才」

  6. 「すだち」と「かぼす」

  7. 「能率」と「効率」

  8. 「調理」と「料理」

  9. 「好意」と「厚意」

  10. 「サラリーマン」と「ビジネスマン」

TOP