「寝る」と「眠る」


寝るは眠りにつくことを意味し、寝るも眠るも「睡眠」を表す言葉であるが、「立ったまま寝てしまった」というのは間違いで、「立ったまま眠ってしまった」というのが正しい。
寝ると眠るは重点の置かれるポイントに違いがあり、対義語と合わせて考えるとわかりやすい。

寝たまま本を読んだり、テレビを見たりすることは出来るが、眠った状態では出来ないように、寝ているからといって睡眠状態にあるとは限らない。
寝るの重点は、体を横たえるという体勢にあり、対義語は「起きる」である。

死ぬことを「眠る」とは言っても「寝る」とは言わないように、眠るの重点は、目をつぶること、目を閉じて無意識の状態になること、活動が停止した状態にあるというところで、対義語は「覚める」である。

本来は、体を横たえることが「寝る」、睡眠状態にあることが「眠る」であるが、眠るためには体を横たえるわけであり、体を横にして休ませていれば眠ってしまうという関係にあるため、寝るも「睡眠」を表すようになった。
これは、最近の言葉の乱れではなく、平安時代から同義語として用いられているものである。

ランダム 今見られているページ
  1. 「鮭」と「サーモン」

  2. 「運動会」と「体育祭」

  3. 「倉」「蔵」「庫」

  4. 「開放」と「解放」

  5. 「海胆」「海栗」「雲丹」

  1. 「昼光色」「昼白色」「電球色」

  2. 「押さえる」と「抑える」

  3. 「たらこ」と「明太子」

  4. 「王将」と「玉将」

  5. 「シミュレーション」と「シュミレーション」

  6. 「積極的」「自発的」「能動的」

  7. 「ワイシャツ」と「カッターシャツ」

  8. 「寝る」と「眠る」

  9. 「霧(きり)」「靄(もや)」「霞(かすみ)」

  10. 「署名」「記名」「サイン」

おすすめ

  1. 「許可」と「認可」

  2. 「忖度」と「斟酌」

  3. 「妻」「嫁」「奥さん」「女房」「家内」「かみさん」

  4. 「川」「河」「河川」

  5. 「上る」「登る」「昇る」

  6. 「幽霊」「妖怪」「お化け」

  7. 「共同」「協同」「協働」

  8. 「邦人」と「日本人」

  9. 「影」と「陰」

  10. 「焼く」「炒める」「炒る」

TOP