「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」


薬事法では、薬や化粧品を「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」の3種類に分類・定義している。

医薬品は、厚生労働省によって配合されている有効成分の効能・効果が認められており、病気や怪我の治療、予防を目的としたもので、いわゆる「薬」のこと。
医薬品には、医師の指示で処方される「医療用医薬品」と、薬局・薬店などで販売される「一般用医薬品」がある。

医薬部外品は、医薬品に準ずるもののこと。
厚生労働省によって効能・効果が認められた有効成分が一定の濃度で配合されているが、効き目は緩やかで、医薬品のように必ず効果が現れるというものではなく、効果が期待できるレベルのものが医薬部外品である。
病気や怪我の治療というより、予防や衛生を主な目的としている。
医薬部外品は医薬品のような副作用のリスクを伴わないため、コンビニやスーパーなどの一般小売店でも販売が可能である。
「薬用」や「薬用化粧品」と書かれた「栄養ドリンク」「育毛剤」「薬用シャンプー」「薬用歯磨き」などは、化粧品ではなく医薬部外品に含まれる。

化粧品は、身体を清潔する、美化する、魅力を増す、健やかに保つといった目的のもののこと。
医薬部外品よりも、さらに効果・効能は緩やかになる。
以前は個々の商品について、厚生労働大臣の許認可が必要であったが、2001年の規制緩和によって、メーカーの判断で自由に開発できるようになった。
ただし、含有できない成分は厳しく定められており、医薬部外品では認められている効果・効能の表現もできない。
また、全使用成分の表示も義務付けられるようになった。
口紅やファンデーションといった、いわゆる「化粧品」のほか、「スキンケア用品」「石鹸」「シャンプー」「リンス」「歯磨き」なども化粧品に含まれる。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「伯父」「叔父」「小父」

  2. 「ピーマン」と「パプリカ」

  3. 「午前12時」と「午後0時」

  4. 「利子」「利息」「金利」

  5. 「忖度」と「斟酌」

  6. 「修正」と「訂正」

  7. 「登山」「トレッキング」「ハイキング」

  8. 「夫」「主人」「旦那」「亭主」

  9. 「児童」「生徒」「学生」

  10. 「出生地(生まれ)」「出身地」「地元」「故郷」

おすすめ

  1. 「上白糖」「グラニュー糖」「三温糖」

  2. 「目」と「眼」

  3. 「文」「文章」「文書」

  4. 「記入」「記載」「記述」

  5. 「中部地方」「東海地方」「東海三県」「中京圏」

  6. 「回答」と「解答」

  7. 「出社」と「出勤」

  8. 「神父」と「牧師」

  9. 「賀正」「迎春」「謹賀新年」「恭賀新年」

  10. 「大トロ」「中トロ」「赤身」

TOP