「バカ」と「アホ」


バカ(馬鹿)とアホ(阿呆)は、共に「愚かなこと」「愚かな人」を表す言葉で、主に、関東では「バカ」が常用され、関西では「アホ」が常用される。

常用される言葉は、軽いニュアンスで使われることも多いため、侮辱された印象も少ない。
常用されない言葉は、軽いニュアンスで使われる場面がないことから、侮辱された印象が強くなる。
そのため、関東では「アホ」の方が侮辱された印象が強く、関西では「バカ」の方が強く感じられる傾向にある。

アホは関西を中心に使われる言葉であるが、上方漫才の影響により全国的にも使われるようになってきた。
また、愛知や岐阜ではバカやアホのほか、「たわけ」も常用されている。

バカを強調語として使う場合は、「馬鹿高い」「馬鹿に暑い」などという。
アホも強調語として使われるが、「阿呆みたいに高い」「阿呆ほど暑い」というように、用法に違いがある。

バカには「馬鹿正直」「親馬鹿」「筋肉馬鹿」など、度が過ぎていることや、社会的常識に欠けていることをいう表現があるが、アホにそのような表現はない。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「越える」と「超える」

  2. 「パート」と「アルバイト」

  3. 「褒める」と「誉める」

  4. 「回答」と「解答」

  5. 「居眠り」と「うたた寝」

  6. 「初め」と「始め」

  7. 「生誕」と「誕生」

  8. 「飲む」と「呑む」

  9. 「鷹(タカ)」「鷲(ワシ)」「鳶(トビ)」

  10. 「交代」と「交替」

おすすめ

  1. 「押さえる」と「抑える」

  2. 「パンケーキ」と「ホットケーキ」

  3. 「鮭」と「サーモン」

  4. 「サラリーマン」と「ビジネスマン」

  5. 「戦略」と「戦術」

  6. 「ねぶた」と「ねぷた」

  7. 「入れ墨」「刺青」「タトゥー」

  8. 「知識」「知恵」「見識」

  9. 「帰省」「帰郷」「里帰り」

  10. 「広島原爆」と「長崎原爆」

TOP