カテゴリー:医療・健康

  • 妊娠画像

    「産科」「婦人科」「産婦人科」

    産科とは、妊娠・出産・産後など、出産に関することを扱う医療機関。 婦人科とは、女性生殖器の腫瘍性疾患、性感染症、更年期障害、不妊、生理不順などの内分泌疾患を扱う医療機関。 産婦人科とは、産科と婦人科の範囲を診療する医…
  • 薬用ハンドクリームの画像

    「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」

    薬事法では、薬や化粧品を「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」の3種類に分類・定義している。 医薬品は、厚生労働省によって配合されている有効成分の効能・効果が認められており、病気や怪我の治療、予防を目的としたもので、い…
  • 手術の画像

    「整形外科」「形成外科」「美容外科」

    「形成外科」を以前は「成形外科」と呼んでいたり、「美容外科」を「美容整形外科」や「整形美容外科」などと呼ぶため、整形外科と形成外科と美容外科は混同されることもあるが、整形外科と形成外科と美容外科では扱う対象が異なる。 …
  • 毒薬の画像

    「毒薬」「劇薬」「毒物」「劇物」

    毒薬と劇薬には「薬」の字が入っているように「医薬品」で、薬事法によって厚生労働大臣が指定する薬。 毒物と劇物には「物」の字が入っているように「薬」ではなく「毒性のある物質」で、狭義には、医薬品・医薬部外品以外の物質で、…
  • 目の錯覚画像

    「幻覚」「錯覚」「幻視」「錯視」「誤認」

    幻覚は、対象となるものが実際はないのに、あるように知覚すること。 多くの場合、「幻覚が見える」などと、実際にないものが見える「幻視」のことをいうが、幻覚は視覚によるものだけでなく、感覚器官に感じる全てに対応する幻覚があ…
  • 重症患者が搬送された画像

    「重症」と「重傷」

    重症は、病気や症状が重いことで、対義語は「軽症」。 重傷は、傷の程度が重いことで、対義語は「軽傷」である。 拳銃で撃たれた場合は、「重症を負う」ではなく「重傷を負う」。 なんらかの症状が重くなった場合は、「重傷…
  • 保育器に入る未熟児の画像

    「未熟児」「低出生体重児」「早産児」

    未熟児は、早産などで身体機能の発育が未熟のまま出生した子のこと。 一般には、体重が2,500グラム未満の子をいい、1,500グラム未満は「極小未熟児」、1,000グラム未満は「超未熟児」ともいう。 出生時の体重が2,…
  • 高熱を出した子供の画像

    「風邪」と「インフルエンザ」

    風邪は、鼻やのど、気管支など、呼吸器系の粘膜に炎症を起こす症状の総称。 主に、ウイルスの感染によって起こる。 インフルエンザはインフルエンザウイルスに感染して起こる病気で、風邪の一種であるが、普通の風邪(以下、風邪)…
ページ上部へ戻る