「重症」と「重傷」の違い

重症患者が搬送された画像

重症は、病気や症状が重いことで、対義語は「軽症」。
重傷は、傷の程度が重いことで、対義語は「軽傷」である。

拳銃で撃たれた場合は、「重症を負う」ではなく「重傷を負う」。
なんらかの症状が重くなった場合は、「重傷になる」ではなく「重症になる」。
比喩的に用いる場合、恋わずらいであれば「相当な重症だ」。
精神的なダメージの大きさを表現するのであれば、意味としては「重症」ではなく「重傷」になるが、「重傷」よりも「痛手」が用いられる。

このように一般には、重症が「病気」で、重傷が「傷」として使われるため、誤解されていることもあるが、重症は「症状」なので病気に限らず、ケガの状態も含めていう。
しかし、重症のうち傷のみを表す場合に、「重傷」が使われるという訳でもない。

消防が救急搬送するのは病人とケガ人で、事故によるケガであっても、消防では「重症」を用いる。
警察は事故でケガ人の状態を見るが、病気を診ることはないので、警察では「重傷」を用いる。
マスコミの事故報道で「全治3カ月の重傷」と言われているのは、警察の発表に基づいたものである。
重症と重傷では、治療に必要とする日数にも違いがあり、重症は消防の定義、重傷は警察が定義している。

消防庁による重症の定義は、傷病の程度が3週間以上の入院を必要とするもの。
入院を必要とするが、重症に至らないものを「中等症」。
入院加療を必要としないものは「軽症」という。

警察による重傷の定義は、命に別状はないが、全治30日以上必要とする深い傷や重いケガのこと。
全治30日未満のケガは「軽傷」という。

関連記事

  1. 木材の画像
    木材と材木は、切断して建築物や製品の材料に用いられる木を指し、置き換え可能な熟語である。 しかし、…
  2. 階段の画像
    ランク(rank)は、順位や等級、順位をつけること。 レベル(level)は、水準や段階。 グレ…
  3. 債務を弁済する画像
    弁済も返済も、借りた金品を返すことで、一般に使われる意味では両者に違いはない。 しかし、返済は法律…
  4. 油の画像
    油は「氵(さんずい)」が付いているように液体で、植物性・鉱物性のあぶらを表す。 脂は「月(にくづき…
  5. セクハラ画像
    事実は、本当にあった事柄、現実に存在する事柄。 真実は、嘘偽りのないこと、本当のことを意味する。 …
  1. 霧の中のジョギング画像
    霧(きり)と靄(もや)は、大気中の水蒸気が微小な水滴がとなって浮遊し、視界が悪くなる現象をいい、霞(…
  2. 整理整頓された資料の画像
    整理と整頓は、乱れたものを整えるという共通した意味をもち、ひとまとめに「整理整頓」と使われることが多…
  3. 注意する画像
    留意も注意も用心も、気をつけることを意味するが、使える場面と使えない場面、ニュアンス、気をつける程度…
  4. おしるこ・ぜんざいの画像
    おしるこ(お汁粉)とぜんざい(善哉)は、どちらも小豆を砂糖で甘く煮て、餅や白玉団子を入れたものだが、…
  5. レンタカーの鍵を渡す画像
    レンタルは、レンタルビデオやレンタカー、レンタルルーム、日用品のレンタルなど種類は豊富。 レンタル…
ページ上部へ戻る