「小額」と「少額」


小額は「小さな額」で、金額の単位が小さいという意味。
1万円札に対して1円玉や100円玉などが小額で、「小額紙幣」「小額貨幣」「小額通貨」などと用いる。

少額は「少しの額」で、金額が少ないという意味。
同じ1万円であっても、1円や10円からすれば多い金額だが、100万円や1,000万円からすれば少ない金額で、基準となる額から見た時に少ない金額が「少額」となる。
「少額出資」「少額訴訟」「少額の寄付」「少額の費用」など、小額に比べて使用される頻度が高い。

小額の対義語は高額で「高額紙幣」など、少額の対義語は多額で「多額の費用」などと用いられる。

ただし、「少額訴訟」の対義語となるのは、「多額訴訟」ではなく「高額訴訟」であるように、少額と高額が対となることも多い。
これは、高額が金額の単位が大きい意味のほか、多額の類語で「高い金額」も表すためである。
また、少額の類義語には「低額」があり、低額も高額の対義語である。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「共同」「協同」「協働」

  2. 「悲しい」と「哀しい」

  3. 「夏日」「真夏日」「猛暑日」「酷暑日」「熱帯夜」

  4. 「利子」「利息」「金利」

  5. 「意思」と「意志」

  6. 「午前12時」と「午後0時」

  7. 「使用」と「利用」

  8. 「忖度」と「斟酌」

  9. 「パンケーキ」と「ホットケーキ」

  10. 「変わる」「代わる」「替わる」「換わる」

おすすめ

  1. 「専修学校」「専門学校」「各種学校」

  2. 「モツ」と「ホルモン」

  3. 「修正」と「訂正」

  4. 「上白糖」「グラニュー糖」「三温糖」

  5. 「交代」と「交替」

  6. 「顧みる」と「省みる」

  7. 「事実」と「真実」

  8. 「夫」「主人」「旦那」「亭主」

  9. 「冒険」「探検」「探険」

  10. 「始末書」と「顛末書」

TOP