「赤鬼」と「青鬼」「黄鬼」「緑鬼」「黒鬼」の違い

節分の赤鬼と青鬼画像

節分には、鬼に豆をぶつける「豆まき」の行事が行われる。
鬼の色は、赤色や青色が一般的だが、他に、黄(もしくは白)・緑・黒もある。
戦隊ヒーローでいえば、超獣戦隊ライブマンや炎神戦隊ゴーオンジャーなどの配色と同じらしいが、戦隊ヒーローの役割と鬼の役割は異なる。

鬼の色には意味があり、仏教の五蓋に結び付けられている。
蓋は妨害の意味で、五蓋は修行の邪魔をする5つの煩悩のこと。
それぞれの鬼の色と、五蓋の内容、豆まきの仕方や効果は、次の通りである。

赤鬼は、「貪欲(とんよく)」。
渇望・欲望、全ての悪心の象徴で、豆をぶつけることで、自分の中の悪い心が取り除かれる。

青鬼は、「瞋恚(しんに)」。
悪意・憎しみ・怒りの象徴で、貧相で欲深い自分自身に豆をぶつけることで、福相・福徳に恵まれる。

黄鬼(白鬼)は、「掉挙悪作(じょうこおさ)」。
心の浮動・後悔の象徴で、豆をぶつけることで、自己中心的な甘い考えを取り除き、公平な判断が出来る心になる。

緑鬼は、「惛沈睡眠(こんちんすいみん)」。
倦怠・眠気・不健康の象徴で、自身の不摂生を反省し、健康に保つことを言い聞かせながら、豆をぶつける。

黒鬼は、「疑(ぎ)」。
疑いの心・愚痴の象徴で、豆をぶつけて卑しい気持ちを追い払い、平穏を願う。

「鬼に金棒」という諺もあるため、鬼は金棒を持っているイメージが強いが、持っているものも鬼の色によって異なり、赤鬼は金棒、青鬼は刺股(さすまた)、黄鬼は両刃のこぎり、緑鬼は薙刀(なぎなた)、黒鬼は斧である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 様々な人種・民族の画像
    人種とは、人類を骨格・皮膚・毛髪・血液型などの形質的特徴によって分類した、生物学的な特徴による区分単…
  2. スマホで支払精算する画像
    精算の「精」は、「精細」「精密」「精巧」などにも使われるように、「細かい」「詳しい」の意味があり、精…
  3. 手を取り合う画像
    コンサートやスポーツ大会、美術展、学会などのイベントのポスターなどに明記されている、主催・協賛・協力…
  1. 夜中の街の画像
    夜更けを表す言葉は、深夜・夜中(真夜中)・未明・夜半などと多くあるが、それぞれに時間帯の明確な定義が…
  2. カボチャの画像
    カボチャは英語で「Pumpkin(パンプキン)」と訳されることが多いが、日本でよく食べられているカボ…
  3. 刀を持つおじさんの画像
    おじさんの漢字表記には、「伯父さん」「叔父さん」「小父さん」がある。 いずれも同源だが、対象が違え…
  4. ゴルフ場の画像
    ゴルフ場の名称に付く「ゴルフクラブ(GC)」と「カントリークラブ(CC)」には明確な違いがあるが、ア…
  5. ざるそばの画像
    江戸時代、蕎麦はつゆにつけて食べる「そばきり(蕎麦切り)」が一般的であった。 江戸中期に入ると、最…
ページ上部へ戻る