「見る」と「観る」「視る」「診る」「看る」の違い

見る画像

見るには、視覚でものをとらえる。見物・見学する。調べる・検討する・判断する。読んで知る。経験する。試す。占うなど多くの意味がある。

基本的には「見る」と書き、「観る」「視る」「診る」「看る」は意味を強調したい時に使う漢字であるため、「観る」「視る」「診る」「看る」を「見る」と書いても間違いではない。

観るは、映画や芝居、スポーツなどを観賞することや、観光など周囲を見渡す場合に用いる。
テレビを見ることも、なんとなく見るのであれば「見る」と書くが、じっくり見る場合には「観る」と書く。

視るは、「被災地を視る」のように、調査や視察することの意味で使うが、「見る」と書くことの方が多く、「視る」を使うことは少ない。
「視」の漢字は、じっと見る意味で「注視」「凝視」、みなすの意味で「軽視」「敵視」などの熟語としては使われるが、じっと見るや見なすの意味で「視る」を使うことはほぼない。

診るは、「脈を診る」「医者に診てもらう」のように、病状や健康状態を調べる意味で使う。

看るは、「看病」や「看護」の熟語があるように、世話をするという意味で、「病気の子どもを看る」などと使う。

その他、「みる」には一通り眺める意味で「覧る」、監視する意味で「監る」、試す意味で「試る」といった表記もある。
なお、試るは「みる」、「こころみる」と読む場合は「試みる」と書く。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 時計とカレンダーの画像
    時期とは、あることを行う時。ある一定の期間。 時季とは、季節。特に、あることが盛んに行われる季節や…
  2. 神楽坂の路地画像
    路地は、本来は「露地」と書き、屋根など覆うものがない土地を意味するが、現代では一般的に、建物と建物の…
  3. 暖かい部屋と温かい飲み物の画像
    「暖かい」と「温かい」の使い分け方は、「暑い」と「熱い」の使い分けと似ている。 気温や気候が、寒す…
  1. 聞く人の画像
    聞くと聴くは、意識の違いによって使い分けられる。 聞くは、「物音を聞く」「話し声が聞こえる」のよう…
  2. 速い犬の画像
    速いは、ある動作を完了するのに要する時間が短い、一定時間に動く距離・働く量が大きい、すみやかであると…
  3. 福島県五色沼の青沼画像
    池と沼と湖と泉と沢と潟のうち、明らかに他と違うのは「泉」である。 泉は、「出づ水」が語源であるよう…
  4. 宇宙の始まり画像
    初めは、時間的に早い段階、最初、一番目などの意味の時。 英語でいえば「first」で、文法的には、…
  5. 砂・土を掘る犬の画像
    砂は、細かく砕けた岩石の粒で、地質学では粒径2mm以下、16分の1mm以上のものをいう。 サンゴや…
ページ上部へ戻る