「見る」「観る」「視る」「診る」「看る」の違い

見る画像

見るには、視覚でものをとらえる。見物・見学する。調べる・検討する・判断する。読んで知る。経験する。試す。占うなど多くの意味がある。

基本的には「見る」と書き、「観る」「視る」「診る」「看る」は意味を強調したい時に使う漢字であるため、「観る」「視る」「診る」「看る」を「見る」と書いても間違いではない。

観るは、映画や芝居、スポーツなどを観賞することや、観光など周囲を見渡す場合に用いる。
テレビを見ることも、なんとなく見るのであれば「見る」と書くが、じっくり見る場合には「観る」と書く。

視るは、「被災地を視る」のように、調査や視察することの意味で使うが、「見る」と書くことの方が多く、「視る」を使うことは少ない。
「視」の漢字は、じっと見る意味で「注視」「凝視」、みなすの意味で「軽視」「敵視」などの熟語としては使われるが、じっと見るや見なすの意味で「視る」を使うことはほぼない。

診るは、「脈を診る」「医者に診てもらう」のように、病状や健康状態を調べる意味で使う。

看るは、「看病」や「看護」の熟語があるように、世話をするという意味で、「病気の子どもを看る」などと使う。

その他、「みる」には一通り眺める意味で「覧る」、監視する意味で「監る」、試す意味で「試る」といった表記もある。
なお、試るは「みる」、「こころみる」と読む場合は「試みる」と書く。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る