「分かれる」と「別れる」


分かれると別れるは、共に「わかれる」と読み、「離れる」という意味においては同じで語源も同じだが、わかれる対象によって漢字を使い分ける必要がある。

分かれるとは、ひとつのものが二つ以上になる、いくつかのより小さいまとまりになること。
分かれるの「分」を使う熟語では、「分離」「分裂」「分岐」「分散」などがある。

別れるとは、一緒にいた人同士が離れ離れになること。
別れるの「別」を使う熟語では、「別離」「別居」「死別」「惜別」などがある。

分かれるは「物や事」、別れるは「人」が対象となる点が使い分けのポイントとなるが、対象が「人」の場合でも、グループなどにわかれることを表す場合は、「分散」の意味になるため、「別れる」ではなく「分かれる」と書く。

また、別れるには、離れ離れになる意味から、それまでの関係を絶つことや、死別や生き別れの意味もあるため、「妻と別れた」と書いてあった場合、単に場所が離れただけのこともあれば、離婚したこと、死別したことなども考えられるため、文脈にも注意する必要がある。

ランダム 今見られているページ
  1. 「効く」と「利く」

  2. 「広報」「公報」「弘報」

  3. 「ご来光」と「初日の出」

  4. 「オペラ」「オペレッタ」「ミュージカル」

  5. 「クリスマス」と「クリスマスイブ」

  1. 「歳」と「才」

  2. 「鷹(タカ)」「鷲(ワシ)」「鳶(トビ)」

  3. 「使用」と「利用」

  4. 「登山」「トレッキング」「ハイキング」

  5. 「おしるこ」と「ぜんざい」

  6. 「生かす」と「活かす」

  7. 「異常」と「異状」

  8. 「署名」「記名」「サイン」

  9. 「おざなり」と「なおざり」

  10. 「ねじ」「ボルト」「ビス」「釘」

おすすめ

  1. 「シャベル」と「スコップ」

  2. 「スパッツ」「レギンス」「タイツ」「トレンカ」

  3. 「晦日」と「大晦日」

  4. 「基準」と「規準」

  5. 「根本的」と「抜本的」

  6. 「追求」「追及」「追究」

  7. 「褒める」と「誉める」

  8. 「返事」「返答」「応答」「回答」

  9. 「夫」「主人」「旦那」「亭主」

  10. 「思う」と「想う」

TOP