「発毛」と「育毛」「増毛」「植毛」の違い

発毛のビフォーアフター画像

薄毛やハゲの主な対策として、発毛、育毛、増毛、植毛の4種類ある。

発毛とは、髪の毛が抜けて生えなくなった毛穴から、再び毛が生えるようにすること。
毛が生えやすい健康な状態の頭皮に改善するものである。

育毛とは、今現在生えている髪の毛を健康にし、太くて抜けにくい毛にすること。

増毛とは、自分の1本の髪の毛に複数本の人口毛を結びつけたり、人工毛を結び付けた透明な細い糸を髪の毛と髪の毛の間に括りつけること。
また、特殊樹脂の微粒子を吹きつけて、髪の毛の量が増えたように見せるスプレータイプのものもある。

植毛とは、毛穴に人毛や人口毛を植えつけること。

4種類の中で、自然で費用も安く済むのは、発毛と育毛である。
しかし、発毛は毛が生えていないところに生えさせるため、時間がかかるというデメリットがある。
また、頭皮の状態によっては、発毛させられない場合もあり、確実な薄毛対策ではない。
育毛には、時間がかかることと、毛根がない頭皮には育毛できないというデメリットがある。

増毛のメリットは、一気に毛を増やすことができることである。
しかし、根本的には何も薄毛の解決にならないものである。
増毛は、1本の毛に数本の毛をつけるため、自毛へ負担をかけることや、自毛が伸びても人口毛は伸びないため、自分の毛をカットして長さを調整したり、増毛のメンテナンスで費用がかさむというデメリットがある。
増毛スプレーならば費用は安いが、不自然で他人にバレやすい。

植毛は、発毛、育毛、増毛とは異なり、手術を要する医療行為で、保険適用外というデメリットはあるが、髪の毛を増やすという点では最も確実な方法である。
人口毛を使う場合は、炎症など拒否反応を起こすこともあるが、ハゲにくい後頭部や側頭部にある自分の髪の毛を、生えていない部分に植える方法では、拒否反応は比較的少ない。

発毛、育毛に関しては、増毛や植毛のように専門家に頼らなくても、市販の発毛剤や育毛剤を購入する方法があるが、頭皮や髪の毛の状態によって適した発毛剤・育毛剤は異なるため、どの方法を選ぶにしても、まず専門家の意見を聞いた方が良い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 手を繋ぎたがる同級生の画像
    同級生は、同じ学級の生徒、クラスメートのことをいう。 本来は、同じ学校で同学年の生徒であっても、ク…
  2. 迷惑なタバコの画像
    マナーとエチケットを日本語に訳すと、どちらも「礼儀」や「作法」になるが、食事中のナイフやフォークの使…
  3. ドロップの画像
    キャンディは、砂糖や水飴を原料として作られた菓子の総称。 砂糖や水飴を原料とするものなので、その幅…
  1. たまごの画像
    卵も玉子も、共に「たまご」と読む。 使い分けに明確な基準はないが、一般的に、生物学上では「卵」と…
  2. レギンスの画像
    日本で「スパッツ」と呼ばれるものは、欧米では「レギンス」と呼ばれ、基本的には同じもの。 日本に「レ…
  3. 目的別貯金箱の画像
    節約も倹約も、無駄を省いて切り詰めることを意味するが、対象範囲は異なり、「経費の節約」「電気の節約」…
  4. スキャンダル女優の画像
    ゴシップ(gossip)の意味は、興味本位の噂話。 スキャンダル(scandal)の意味は、名誉を…
  5. 顔面の怪我の画像
    皮膚のみの比較的小さな損傷を「傷」と言い、骨や筋肉に達する比較的大きな損傷を「怪我」と言うなど、傷と…
ページ上部へ戻る