「煎茶」と「玉露」「抹茶」「番茶」「ほうじ茶」「玄米茶」の違い

富士山麓に茶畑画像

日本茶(緑茶)の中で、最もよく飲まれているのが煎茶である。
煎茶は、新芽を摘んで蒸して揉み、乾燥して仕上げられる。

玉露は、「高級煎茶」といわれるように煎茶の一種だが、煎茶と栽培方法に違いがあり、収穫前の2週間から20日前後、葦簀(よしず)や藁で茶葉におおいを被せて日光を遮る、被覆栽培の茶葉である。
日光を遮ることで、旨味成分とされるテアニンが多く含まれ、渋味成分のタンニンが抑えられ、独特の香りとなる。
玉露と同じ栽培方法で、摘む前の1週間前後のものは「かぶせ茶」という。

抹茶は、甜茶(てんちゃ)を出荷する前に石臼で挽いたもので、茶の湯(茶道)で飲まれるほか、和菓子や洋菓子など広く用いられる。
甜茶の栽培方法は、玉露やかぶせ茶のように日光を遮る被覆栽培だが、被覆期間は20日以上。
摘んだ後、蒸すところまでは煎茶と同じだが、揉まずに乾燥される。

番茶の製造方法は、煎茶とほぼ同じだが、夏以降に収穫した三番茶・四番茶、煎茶の選別ではじかれた大きな葉など、規格外の茶で、若葉ではなく、成長した茶葉を使うため、煎茶よりも品質が劣る低級品とされる。
北海道や東北・北陸など、地方によっては「ほうじ茶」を「番茶」と呼ぶ地域もある。
番茶は、煎茶に比べてカフェインの含有量が少なく、夜に飲んでも眠れなくなる心配がなく、妊娠中の妊婦や子供も安心して飲める。

ほうじ茶は「焙じ茶」と書くとおり、煎茶・番茶・茎葉などを強火で炒った茶のこと。
一般的には番茶などと同等に扱われるが、ほうじ茶を飲む習慣が根付いている京都では、料亭などの席で上質なほうじ茶が供されることもある。

玄米茶は、蒸して炒った玄米とほぼ同量の茶をブレンドしたもので、茶葉には番茶や下級の煎茶が使われる。
玄米が入っている分、カフェインの含有量が少ない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 蔵王国定公園の画像
    国立公園は、日本の景勝地の中でも特に傑出した地として、指定された自然公園。 自然公園法に基づき、環…
  2. 神楽坂の路地画像
    路地は、本来は「露地」と書き、屋根など覆うものがない土地を意味するが、現代では一般的に、建物と建物の…
  3. レンタカーの鍵を渡す画像
    レンタルは、レンタルビデオやレンタカー、レンタルルーム、日用品のレンタルなど種類は豊富。 レンタル…
  1. 水に飛び込む画像
    経験も体験も、実際に見聞きしたり、やったりするなど、何事かに直接ぶつかることをいう。 経験は、…
  2. 図書館の辞典画像
    事典や字典を含めた総称として「辞典」や「辞書」と呼ぶ場合もあるが、「辞」「事」「字」のそれぞれの文字…
  3. 森林の画像
    農林水産省の定義では、自然にできた樹木の密集地を「森」、人工的に作られた樹木の密集地を「林」としてい…
  4. おしるこ・ぜんざいの画像
    おしるこ(お汁粉)とぜんざい(善哉)は、どちらも小豆を砂糖で甘く煮て、餅や白玉団子を入れたものだが、…
  5. 電気量販店の画像
    定価は、あらかじめ決められた販売価格のことで、原則として値上げや値下げは認められていない。 希…
ページ上部へ戻る