「煎茶」と「玉露」「抹茶」「番茶」「ほうじ茶」「玄米茶」の違い

富士山麓に茶畑画像

日本茶(緑茶)の中で、最もよく飲まれているのが煎茶である。
煎茶は、新芽を摘んで蒸して揉み、乾燥して仕上げられる。

玉露は、「高級煎茶」といわれるように煎茶の一種だが、煎茶と栽培方法に違いがあり、収穫前の2週間から20日前後、葦簀(よしず)や藁で茶葉におおいを被せて日光を遮る、被覆栽培の茶葉である。
日光を遮ることで、旨味成分とされるテアニンが多く含まれ、渋味成分のタンニンが抑えられ、独特の香りとなる。
玉露と同じ栽培方法で、摘む前の1週間前後のものは「かぶせ茶」という。

抹茶は、甜茶(てんちゃ)を出荷する前に石臼で挽いたもので、茶の湯(茶道)で飲まれるほか、和菓子や洋菓子など広く用いられる。
甜茶の栽培方法は、玉露やかぶせ茶のように日光を遮る被覆栽培だが、被覆期間は20日以上。
摘んだ後、蒸すところまでは煎茶と同じだが、揉まずに乾燥される。

番茶の製造方法は、煎茶とほぼ同じだが、夏以降に収穫した三番茶・四番茶、煎茶の選別ではじかれた大きな葉など、規格外の茶で、若葉ではなく、成長した茶葉を使うため、煎茶よりも品質が劣る低級品とされる。
北海道や東北・北陸など、地方によっては「ほうじ茶」を「番茶」と呼ぶ地域もある。
番茶は、煎茶に比べてカフェインの含有量が少なく、夜に飲んでも眠れなくなる心配がなく、妊娠中の妊婦や子供も安心して飲める。

ほうじ茶は「焙じ茶」と書くとおり、煎茶・番茶・茎葉などを強火で炒った茶のこと。
一般的には番茶などと同等に扱われるが、ほうじ茶を飲む習慣が根付いている京都では、料亭などの席で上質なほうじ茶が供されることもある。

玄米茶は、蒸して炒った玄米とほぼ同量の茶をブレンドしたもので、茶葉には番茶や下級の煎茶が使われる。
玄米が入っている分、カフェインの含有量が少ない。

関連記事

  1. 悪臭を消す画像
    芳香とは良い香り・アロマのことで、芳香剤は良い香りを放つ効果のある薬剤。 消臭とは不快な臭いを消す…
  2. 恋愛の画像
    恋は自分本位で、愛は相手本位。 恋は一時的で、愛は永遠。 恋はときめきで、愛は信頼。 恋は心配…
  3. 怖い墓地の画像
    怖いと恐いは、ともに、悪い結果が予想され、不安である、近寄りたくない、身がすくむ。また、不思議な力が…
  1. ソーセージの画像
    ソーセージは、塩漬けした肉に香辛料で味をつけ、すり潰して湯煮や燻煙・燻製した保存食品。 腸詰めして…
  2. 苦情・クレーム・文句・抗議の電話をする人の画像
    苦情は「苦しい事情」と書くように、元々は「難儀な事情」を意味した言葉。 転じて、害を受けていること…
  3. 賞味期限や消費期限を確認して買う画像
    食品衛生法やJAS法(日本農林規格法)などの規定により、加工食品の多くに「賞味期限」か「消費期限」の…
  4. 迎春の画像
    年賀状の冒頭に用いられる賀詞には、「賀正」「迎春」「謹賀新年」「恭賀新年」などがある。 その他にも…
  5. 部屋の照明画像
    LED電球や蛍光灯の色には、「昼光色」「昼白色」「白色」「温白色」「電球色」があり、主に使われるのは…
ページ上部へ戻る