「油」と「脂」「膏」の違い

油の画像

油は「氵(さんずい)」が付いているように液体で、植物性・鉱物性のあぶらを表す。
脂は「月(にくづき)」が付いているように動物性で、固体のあぶらに使われる。
これらの使い分けは、一般的なものから区別された使い分けで、例外もある。

固体・液体は常温時に判断されるものだが、動物性でも魚などの脂は液体に近い状態になり、植物性でもココナッツやカカオなどの油は常温時に固体となる。
植物性・鉱物性と動物性の違いや、固体と液体の違いを意識していない時は、「油」と書かれることが多く、顔などが脂っぽいことを表す際は、正しくは「脂ギッシュ」だが「油ギッシュ」とも書かれる。

膏も「月」が付いており、動物性を表すが、脂と全く同じ使い方ではない。
脂は皮膚や肉から出るあぶらなど、動物性のあぶらを広く表すが、膏は皮膚から出るあぶらには使わず、肉のあぶらのみに使う。
その他、軟膏を表す際に使われる程度で、表現の範囲は狭い。

ちなみに、ひびやあかぎれに効くという「ガマのあぶら」は、ガマガエルの皮膚から出た脂汗とされるが「ガマの脂」と書かず、「ガマの油」と書く。
肉のあぶらではないが、軟膏なので「ガマの膏」と書かれることはある。

関連記事

  1. 書類作成の画像
    行政書士も司法書士も、公的な機関に提出する法律関係の書類作成や申請などを代行する仕事である。 …
  2. 生かさず活かすプリザーブドフラワー画像
    生かすは、死にかけたものを行き返らせる、生命を保たせる、死なないようにするなど、生命に関することを表…
  3. カヌーの画像
    カヌーは、ボートのようにオールを使って後ろ向きに進むのではなく、パドル(櫂)を漕いで前向きに進む小舟…
  1. 好意を無にされた画像
    「好意」も「厚意」も、相手を思う親切な心という共通の意味があり、「ご好意に甘える」「ご厚意に甘える」…
  2. 復讐する画像
    復讐・報復・仕返しは、害を与えた相手に対し、同じような行為をすることをいう。 喧嘩や意地悪など…
  3. カレー南蛮の画像
    カレーうどんは、汁がカレー味のうどん。 カレー南蛮には、汁がカレー味のうどんと蕎麦があり、うどんと…
  4. 下を見つめず空を眺める画像
    見るは、視覚によって認識することを広く意味する言葉で、前後の表現によって「見つめる」「眺める」の意味…
  5. 積極的な画像
    積極的は、物事を進んでしようとするさま。 自分から進んで行う場合にも、他からの働きかけに賛同して行…
ページ上部へ戻る