「曖昧」「あやふや」「うやむや」の違い

はっきりしない画像

「曖昧」「あやふや」「うやむや」は、物事がはっきりしないさまをいう。
曖昧は、意図的にごまかしてはっきりさせない場合にも、意図せず不確かな場合にも用いる。

あやふやは、意図せず不確かな場合に用いる。
その人自身がはっきりわきまえておらず、確かな表現ができないことをいうため、あやふやは曖昧よりも、毅然とした態度ができない頼りない様子となる。

うやむやは、意図的に不確かにしてごまかす場合に用いる。
その人自身ははっきりとわきまえているが、はっきりさせないままにしておくことで、うやむやは曖昧よりも、ごまかしの意味が強くなる。
「記憶が曖昧」「記憶があやふや」のような使い方はできるが、うやむやは記憶がはっきりしていても、意図的にはっきりさせないことなので、「記憶がうやむや」といった使い方はできない。

あやふやは意図せず不確かになることなので、「あやふやになる」。
うやむやは意図して不確かにすることなので、「うやむやにする」。
曖昧はどちらの場合にも用いるため、「曖昧になる」「曖昧にする」と表される。

【人気記事】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ページ上部へ戻る