「分かる」「解る」「判る」


わかるの漢字には「分かる(分る)」「解る」「判る」がある。
常用漢字表に従えば「分かる」が正しく、「解る」と「判る」は常用漢字表外の読みであるため、公用文書などでは全て「分かる」と表記する。
また、「わかる」にはいくつかの意味があるが、全ての意味に使えるのが「分かる」である。

公的な文書や公共性の高いところ以外では、「解る」も「判る」も用いるが、意味によって使い分けが必要となる。
「解る」の「解」は、「理解」「解釈」「了解」などに使われる漢字で、「意味がわかる」「日本語がわかる」など、物事の内容や理論がはっきりする意味には「解る」を用いる。
「判る」の「判」は、「判明」「判断」「判決」などに使われる漢字で、「犯人がわかる」「身元がわかる」など、事実がはっきりする意味には「判る」を用いる。

「解る」と「判る」は、前にくる言葉によって使い方が決まっているのではなく、意味によって使い分けるものである。
「答えがわかる」という場合の「わかる」は、筋道を立てて考えた結果の意味ならば「解る」、事実が明らかになった意味ならば「判る」と書く。

使い分けが難しい場合は「解る」や「判る」を使わず、標準的な表記で、全ての意味に使える「分かる」を使うのがよい。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「精算」と「清算」

  2. 「保証」「保障」「補償」

  3. 「整理」と「整頓」

  4. 「冷蔵」「冷凍」「氷温」「チルド」「パーシャル」

  5. 「越える」と「超える」

  6. 「夏日」「真夏日」「猛暑日」「酷暑日」「熱帯夜」

  7. 「シミュレーション」と「シュミレーション」

  8. 「王将」と「玉将」

  9. 「上る」「登る」「昇る」

  10. 「チャーハン」「ピラフ」「焼き飯」

おすすめ

  1. 「モツ」と「ホルモン」

  2. 「ねぶた」と「ねぷた」

  3. 「交代」と「交替」

  4. 「夜更け」「未明」「夜中」「真夜中」「深夜」「夜半」

  5. 「蝶(チョウ)」と「蛾(ガ)」

  6. 「幼稚園」「保育園」「保育所」「託児所」

  7. 「離す」と「放す」

  8. 「ジュゴン」と「マナティ」

  9. 「伺う」と「窺う」

  10. 「氾濫」と「決壊」

TOP