「心配」と「不安」「気がかり」の違い

不安に襲われる画像

物事の成り行きや結果が気になり、心が落ち着かないことを「心配」「不安」「気がかり」といい、「子供の将来が―だ」という場合は、いずれの語も使える。

「不安に襲われる」「不安な一夜を過ごす」というように、何か悪いことが起こるのではないかと漠然と気になる場合には、「不安」が多く使われる。

「天候が心配だ」「天候が気がかりだ」、「夫の体調が心配だ」「夫の体調が気がかりだ」のように、気になることが明確な場合や、具体的な兆候があって気になる場合には、「心配」「気がかり」が多く使われる。

「将来を心配する」「住居の心配をする」など「―(を)する」の形では、「不安」や「気がかり」は使えない。

「心配」は、気にかけて面倒を見たり、世話をするという意味でも使われる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 梅雨に咲くあじさいの画像
    梅雨は、6月から7月頃に降り続く長雨。また、その雨期のこと。 日本では、北海道と小笠原諸島を除く地…
  2. 炒り卵の画像
    スクランブルエッグを「洋風炒り卵」とも呼ぶように、スクランブルエッグは炒り卵の一種であるが別の食べ物…
  3. 金粉で表現する画像
    表す(表わす)は、表に出して示す、表現する、表明するという意味。 使い方には、「気持ちを表す」「文…
  1. 磁器の花瓶画像
    陶器と磁器を総称して、「陶磁器」「焼き物」「瀬戸物」「唐津物」などと呼ばれるが、陶器と磁器では製造方…
  2. 改札の画像
    交通機関が発行する乗車券の「切符」。 一般には漢字表記しているが、JRでは「きっぷ」とひらがな表記…
  3. 開放感を味わう画像
    開放は、「窓を開放する」「校庭を開放する」など、門戸や窓などを開け放すこと。「開放経済」など、制限を…
  4. 霧の中のジョギング画像
    霧(きり)と靄(もや)は、大気中の水蒸気が微小な水滴がとなって浮遊し、視界が悪くなる現象をいい、霞(…
  5. 除夜の鐘の画像
    晦日とは、月の最後の日のこと。 読みには、「みそか」「つごもり」「かいじつ」がある。 みそかは、…
ページ上部へ戻る