「共同」と「協同」「協働」の違い

ドラゴンボートの画像

共同と協同と協働は、複数の人や団体が事にあたるという意味で共通し、どの表記を用いても良い場合もあるが、使用する場面・ニュアンスの違いによって表記が限られたり、使い分けされることがある。

共同には、力を合わせて事を行うという意味のほか、同じ条件・資格で結合したり、関係するといった意味もある。
同じ条件で使用する意味の「共同トイレ」や「共同墓地」などに、「協同」や「協働」の表記は用いられない。

協同には、共に心と力を合わせて物事を行う意味があり、互いに協力するといった精神面を強調する際に用いられることが多い。
協同組合は、業者や消費者などが、事業や生活の改善を図るために組織される団体であるため、「協同」の表記が用いられる。

協働は、協力して働くという意味。
協同も協働も、同じ目的に向かって力を合わせ物事を行うという意味では同じだが、協同は役割分担などが事前に決まっていることが多いのに対し、協働はそれぞれができること、得意分野のことをする場合に用いられることが多い。
また、どちらも一緒に行動するとは限らないが、協同よりも協働の方が、より一緒に行動するという意味合いが強い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 徳利とお猪口の画像
    徳利は、口の近くが狭くすぼみ、胴が膨らんだ形をした、陶製・金属製・ガラス製の酒・醤油・酢などを入れて…
  2. 目の錯覚画像
    幻覚は、対象となるものが実際はないのに、あるように知覚すること。 多くの場合、「幻覚が見える」など…
  3. 映画鑑賞の画像
    観賞の「観」は「観光」や「観測」などに用いられるように、見る(観る)の意味があり、観賞は見て楽しむこ…
  1. ハイキングの画像
    ハイキングとピクニックと遠足の違いは目的にあり、行く場所が同じであったとしても、目的によって使い分け…
  2. スタート地点の画像
    事物や人などが、元の場所や本来の状態に戻ることを「かえる」という。 漢字では「返る」「帰る」「還る…
  3. 解答用紙の画像
    回答とは、質問や要求・要望に答えることや、その答え。 解答とは、問題を解いて答えを出すことや、その…
  4. 友達を招集する画像
    召集も招集も、人を集めるという点は同じだが、召集が「呼び出して集める」、招集は「招き集める」という意…
  5. 日本で単に「鹿」という時は、シカ科シカ属のニホンジカを指す。 トナカイもシカ科の動物で鹿の仲間に違…
ページ上部へ戻る