「シャベル」と「スコップ」の違い

シャベルとスコップの画像

JIS規格では、上部が平らで足をかけて押せるものを「ショベル(シャベルと同じ)」、上部がな曲線状で足をかけられないものを「スコップ」と区別しているが、世間ではJIS規格と異なる区別の仕方をしているため、JIS規格の基準で伝えても通じないことの方が多い。

関東(東日本)では大型のものを「スコップ」、小型のものを「シャベル」と呼び、関西(西日本)では大型のものを「シャベル」、小型のものを「スコップ」と呼ぶことが多く、地域によって呼称が逆転している。

一部の辞書では、スコップを「小型のシャベル」と解説しているものがあり、西日本の呼び方が支持されている。
また、「ショベルカー」を「スコップカー」と呼ばないから、大きいものが「シャベル」で、小さいものが「スコップ」というイメージを持った人もいる。

先が尖った剣型のものを「シャベル」、先が真っ直ぐな四角いものを「スコップ」という区別の仕方もある。
これが土木現場では、剣型のものを「剣スコ」、四角いものを「角スコ」と呼び、先が剣型でも四角でも「スコップ」である。

形状や大きさなど、様々な区別の仕方がされるシャベルとスコップだが、はっきりとした違いは、シャベルが英語の「shovel」から、スコップがオランダ語の「schop」からという語源の違いだけである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 鍋に砂糖を入れる画像
    料理のレシピには、「適量」や「適宜」という分量表記があり、似た言葉ではあるが意味に違いがある。 …
  2. 探す人の画像
    探すは、「職を探す」「宝物を探す」「新居を探す」「人のあらを探す」など、欲しいもの、目にしたいものを…
  3. 倉敷川の画像
    「川」の字は、地の間を縫って流れる普通の川を表した象形文字で、一般的には「川」と書く。 「河」の原…
  1. 通勤風景の画像
    サラリーマンは、「salary(給料)」と「man(男)」を繋げた和製英語で、特定の仕事に従事する給…
  2. 陶芸スペシャリストの画像
    ベテランとは、その分野で長年の経験を積み、熟達した人のこと。 「ベテランドライバー」「ベテラン俳優…
  3. 日本の領海の画像
    海は大きく分けると、領海・接続水域・排他的経済水域(EEZ)・公海の4つに分けられる。 このうち、…
  4. 署名する画像
    署名と記名とサインは、自分の氏名を書くという意味ではどれも同じだが、区別して用いる場合は、全く同じ意…
  5. 悪臭を消す画像
    芳香とは良い香り・アロマのことで、芳香剤は良い香りを放つ効果のある薬剤。 消臭とは不快な臭いを消す…
ページ上部へ戻る