「クリスマス」と「クリスマスイブ」の違い

サンタクロースの画像

クリスマスは、イエス・キリストの降誕を祝う祭りで、12月25日に行われる。
クリスマス・イブ(イヴ)の「イブ」の意味を「前日」と捉え、12月24日の丸一日がクリスマス・イブと考えられていることも多いが、「イブ(eve)」は「evening(夕方・晩)」と同系の語で祭日の前夜、12月24日の夜を指す。

一般の暦では上記の通りだが、ユダヤ暦を継承した教会暦を採用している教会では、日没を日付の変わり目としており、24日の日没から25日の日没までがクリスマスになる。
一般の暦に照らし合わせると、クリスマスの前日の夜がイブとなるため、前夜という表現をしているが、正確にはクリスマス当日の夜がクリスマス・イブで、クリスマスとクリスマス・イブは同じ日である。
また、一般の暦では25日の夜はクリスマス当日だが、教会暦では日没までなので、夜はクリスマス当日ではなく、普通の日になる。

日本のクリスマスは、デート・ディナー・パーティーなど季節のイベントとして捉えられており、教会暦に合わせてイベントが行われている訳でもないが、多くは24日のイブに多く行われ、クリスマスのメインはイブと考えられている傾向にある。
クリスマス当日が土曜日や日曜日であれば、25日の日中にパーティーが開かれることもあるが、25日は子供へのプレゼントぐらいで、クリスマスムードは薄れ、夜には普通の日のようになっている。
ただし、クリスマス当日が金曜日や土曜日であれば、25日の夜もパーティーが開かれ、クリスマスのメインの日になることもある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る