「お菓子」と「駄菓子」の違い

駄菓子屋の画像

菓子は元々「果物」のことを指していたが、茶菓子として出される甘い菓子が作られるようになってからは、果物を「水菓子」と呼び、食事のほかに食べる果物以外の嗜好品を「お菓子」と呼ぶようになった。
お菓子は、饅頭や羊羹、餅菓子などの和菓子と、チョコレートやビスケット、キャンディ、ケーキ、アイスクリームなどの洋菓子に大別されるが、生菓子と干菓子といった分類の仕方もある。

駄菓子はお菓子の一種で、江戸時代には見られる言葉である。
江戸時代は、上白糖が高価で稀少なものであったため、上白糖を使った菓子は「上菓子」と呼ばれ、大名や武士が食べるものであった。
この上菓子に対し、庶民が食べる黒糖を使った菓子が「駄菓子」である。

その後、粗糖(精製していない砂糖)や雑穀などの安価な材料で作られた大衆的な菓子を「駄菓子」と呼ぶようになり、安く販売される菓子もいうようになった。

現在では、洋菓子・和菓子を問わず、安価で大衆的な菓子を「駄菓子」と呼ぶ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. はかる画像
    計ると測ると量るは、いずれも「はかる」と読み、「計測」「計量」「測量」という熟語もあるように、計器な…
  2. 運動会の画像
    学校で行われるスポーツ行事は「運動会」や「体育祭」と呼ぶが、幼稚園・小学校が「運動会」、中学校・高校…
  3. 陶芸スペシャリストの画像
    ベテランとは、その分野で長年の経験を積み、熟達した人のこと。 「ベテランドライバー」「ベテラン俳優…
  1. 蛇口の画像
    「ひねる」と「ねじる」と「よじる」は、回すという点では同じだが、回す方向や強さ、回数などに違いがある…
  2. 醤油を注ぐ画像
    一般的に「醤油」といえば、江戸時代以降、関東を中心に使われてきた「濃口醤油」を指し、醤油生産量の8割…
  3. 孤独な通夜の画像
    通夜は、死者を葬る前に親族・知人などが遺体のそばで過ごし、供養したり、別れを惜しんだりすること。 …
  4. みたらし団子の画像
    団子(だんご)は、うるち米などの穀類の粉を丸めて茹でたり蒸したりしたもの。 餅(もち)は、糯米(も…
  5. 顔面の怪我の画像
    皮膚のみの比較的小さな損傷を「傷」と言い、骨や筋肉に達する比較的大きな損傷を「怪我」と言うなど、傷と…
ページ上部へ戻る