「緑茶」「紅茶」「烏龍茶」


緑茶も紅茶も烏龍茶も、全てバキ科のチャノキ(学名:カメリアシネンシス)が原料であるが、茶葉を製法する際の発酵度の違いで、緑茶、紅茶、烏龍茶に分かれ、味や香り、栄養成分に違いが出てくる。

緑茶は、摘んだ茶葉をすぐに蒸し、揉んで乾燥させたもので、火が入っていることから発酵せず、「不発酵茶」と呼ばれる。

紅茶は、茶葉の水分を取り除く「萎凋(いちょう)」という作業をすることで軽く発酵させ、それを揉み、発酵させ、乾燥させたもので、完全に発酵させることから、「発酵茶(完全発酵茶)」と呼ばれる。

烏龍茶は、軽く萎凋と発酵をさせた後、火を通し、揉んで乾燥させたもので、途中で火を入れ発酵を止めることから、「半発酵茶」と呼ばれる。

また、同じチャノキといっても、それぞれに適した品種は異なり、緑茶や烏龍茶には、中国種の「バラエティシネンシス」。
紅茶には、酸化酵素の活性が強く発酵しやすいアッサム種の「バラエティアッサミカ」が適している。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「パンケーキ」と「ホットケーキ」

  2. 「シミュレーション」と「シュミレーション」

  3. 「高齢者等避難」「避難指示」「緊急安全確保」

  4. 「たらこ」と「明太子」

  5. 「通夜」「葬儀」「告別式」

  6. 「臭い」「匂い」「香り」

  7. 「暖かい」と「温かい」

  8. 「調理」と「料理」

  9. 「午前12時」と「午後0時」

  10. 「記入」「記載」「記述」

おすすめ

  1. 「基準」と「規準」

  2. 「床屋」と「美容室」

  3. 「退職願」「退職届」「辞表」

  4. 「セメント」「コンクリート」「モルタル」「アスファルト」

  5. 「体」と「身体」

  6. 「姑息」と「卑怯」

  7. 「マフラー」「ストール」「ショール」「スカーフ」

  8. 「改定」と「改訂」

  9. 「紹興酒」と「老酒(ラオチュウ)」

  10. 「路地」「路地裏」「裏路地」「横丁」

TOP