「うるう年」と「うるう秒」の違い

2月29日0時前の画像

うるう年とは、太陽暦と地球の自転速度が一致せず、調整するために1年を366日とする年のこと。
平年は365日であるが、地球が太陽を一周するのは、365日5時48分46秒であるため、ほぼ4年に1回、2月の日数を29日として調整される。

うるう秒は、うるう年で追加された1日でも調整しきれない分を追加するものと思われがちだが、暦の調整をするものではなく、時刻の調整をするものである。
また、うるう秒は、うるう年のように決まった周期で行われるものではなく、不定期で適宜導入されるものである。

うるう秒とは、原子時計による標準時刻と、地球の自転速度との誤差を調整するために、追加・削除される1秒のこと。
現在、私たちが使っている時刻は、精確に時を刻むセシウム原子時計を基準としているが、地球の自転速度は不規則であるため、原子時計と天文観測による天文時に誤差が生じる。
この誤差を調整しなかった場合は、50年間の累積で30秒、100年間の累積で100秒程度と試算されており、更に長い年月進めば、昼と夜の時刻が逆転する可能性もあるため、誤差が0.9秒以内に収まるように調整されるのが「うるう秒」である。

うるう秒の調整は、12月か6月末日の最後の秒に行われ、それでも調整しきれない場合は、3月末か9月の末日の最後の秒で行われる。
地球の自転が遅い場合は、59分59秒の後に59分60秒を挿入し、自転が速い場合は、59分59秒を飛ばして0分0秒にする。
ただし、世界時と日本時間では、日本時間の方が9時間進んでいるため、日本では午前8時59分の最後の秒で調整が行われる。

なお、自転速度はだんだん遅くなっているため、1秒飛ばす調整方法が行われたことはない。

関連記事

  1. 開放感を味わう画像
    開放は、「窓を開放する」「校庭を開放する」など、門戸や窓などを開け放すこと。「開放経済」など、制限を…
  2. 迎春の画像
    年賀状の冒頭に用いられる賀詞には、「賀正」「迎春」「謹賀新年」「恭賀新年」などがある。 その他にも…
  3. 堤防が決壊し川の水が氾濫する画像
    氾濫も決壊も、大雨などで起こるものだが、表す状態に違いがある。 氾濫は、雨などによって水があふ…
  1. ペットボトルを利用した鉢
    使用とは、人・物・システム・場所などを使うこと。 本来の目的、特定の目的で使う際に用いる。 …
  2. 森林の画像
    農林水産省の定義では、自然にできた樹木の密集地を「森」、人工的に作られた樹木の密集地を「林」としてい…
  3. つとめる画像
    努めるは、勉学に努める、サービス向上に努める、ダイエットに努めるなど、努力すること、力を尽くして行う…
  4. 存在を見つける画像
    有るは、「財産が有る」「貫禄が有る」「有りがち」など、「持っている」「備わる」「含まれる」といった「…
  5. 革命の画像
    社内の座を奪うために起こる「社内クーデター」、状態が急激に発展・変動する意味で使われる「産業革命」や…
ページ上部へ戻る