「褒める」と「誉める」の違い

カフェいいね画像

「ほめる」の漢字には、「褒める」と「誉める」がある。
「褒める」は常用漢字で、「誉める」は常用漢字外の表記となるため、公用文・教科書・新聞などでは「褒める」が使われる。

「褒める」も「誉める」も意味は同じであるため、一般の文章ではどちらを使っても間違いないが、漢字の持つ意味で使い分けられることがある。

褒めるの「褒」は、よい行いに報いる返しをする意味から、相手の行いをほめる意味になっているため、「子供を褒める」など、評価してよしとする意味で「褒める」は用いられる。

誉めるの「誉」は、「名誉」や「栄誉」などに使われる漢字で「ほまれ」。
みんなに持て囃される、よい評判を得るという意味で、みんなで持ち上げてほめる意味から、高い評価を与えるの意味になっっているため、個人的な評価ではなく、勝利や受賞などの場面で「誉める」は用いられる。

このような違いから、「誉める」は目上の人にも目下の人に対しても使えるが、「褒める」を目上の人に対して使うのは失礼といわれることがある。
しかし、目上の人に対して使う「ほめる」が「評価する」という意味であれば、評価するという行為自体が失礼にあたり、「褒める」でも「誉める」でも失礼なことに変わりない。
陰で使われることはあっても、目上の人に対して直接使う言葉ではないため、使い分けるならば、個人的な評価であるか否かという点で考えたほうがよい。

関連記事

  1. エッセイストの画像
    コラムとは、新聞や雑誌などの短評欄。また、囲み記事のこと。 コラムは「円柱」を意味するラテン語に由…
  2. 梅雨に咲くあじさいの画像
    梅雨は、6月から7月頃に降り続く長雨。また、その雨期のこと。 日本では、北海道と小笠原諸島を除く地…
  3. 能率も効率もアップする方法を考える画像
    能率も効率も、できる仕事の割合を意味するが、比較する対象に違いがある。 能率は、一定時間内にで…
  1. 扇子を持つ女性の画像
    団扇も扇子も、手に持ち、あおいで風を起こす道具で、扇(おうぎ)の一種。 単に、「扇」と言った場合は…
  2. 悲しくて泣く赤ちゃん画像
    悲しいと哀しいに明確な使い分けはないが、公用文などでは「悲しい」と表記し、「哀しい」は用いられない。…
  3. 想いを馳せる画像
    「おもう」を漢字で書く際、多くの場合は「思う」を用い、特に感情を込めた表現には「想う」を用いる。 …
  4. 披露宴に華を添える花画像
    一般には「花」を使い、「華」はきらびやかなもの、美しいもの、すぐれた性質の比喩に多く使われる。 …
  5. インターネットでわかる画像
    わかるの漢字には「分かる」「解る」「判る」があるが、常用漢字表に従えば「分かる」が正しく、「解る」と…
ページ上部へ戻る