「懲役」と「禁錮(禁固)」と「拘留」の違い

懲役を科せられた人の画像

懲役・禁錮(禁固)・拘留は、受刑者の身体を刑事施設に拘置する自由刑にあたる。

懲役は、金属製品や木工の加工、靴や衣類の製作、刑事施設内の炊事、洗濯、清掃などの刑務作業が科せられる刑罰。
作業に従事した受刑者には、1人1カ月当たり平均4,700円ほどの作業報奨金が支払われる。

禁錮は、拘置されるだけで刑務作業の義務はないが、受刑者が願い出れば刑務作業を行うことができる(請願作業)。
作業義務がないといっても、現実的には単調な生活となるため退屈で、大半の受刑者が作業を願い出るといわれる。

拘留は禁錮と同じく、拘置のみで刑務作業の義務がない刑罰だが、拘置される期間に違いがある。
懲役と禁錮は、共に無期と有期があり、有期の場合は1カ月以上(30日以上)20年以下で、加重の場合はは30年まで、軽減の場合は1カ月までできる。
拘置は、1日以上1カ月未満(29日以下)の間である。
また、3年以下の懲役もしくは禁錮を言い渡す場合、情状により、執行猶予を認められることがあるが、拘留は執行猶予が付けられないため、必ず実刑となる。

拘留の対象となるのは、公然わいせつ罪、暴行罪、侮辱罪、軽犯罪法違反の罪などの犯罪や、各種法令の軽微な違反に対するもので、拘留判決となる人数は少ない。
禁錮の対象となるのは、政治犯や過失犯などで、執行猶予となるケースが多い。
そのため、拘置される受刑者のほとんどが、懲役を科せられた者となっている。
スポンサーリンク
【オールガイドリンク】
懲役(ちょうえき)の類語・同義語 – 類語同義語辞典
拘留(こうりゅう)の類語・同義語 – 類語同義語辞典

関連記事

  1. 浴衣姿の女性画像
    着物は「着る物」と書くように、元々は、体に着るものの総称である。 日本に洋服が入ってきたことによっ…
  2. 聞く人の画像
    聞くと聴くは、意識の違いによって使い分けられる。 聞くは、「物音を聞く」「話し声が聞こえる」のよう…
  3. 初夏の画像
    陰暦(旧暦)の夏は、4月から6月までを指し、夏の初めである4月を「初夏」、夏の半ばである5月を「仲夏…
  1. 神父の画像
    神父と牧師の一番の違いは、キリスト教の教派による違い。 神父は、カトリック教会や正教会(ギリシャ正…
  2. ミネラルウォーターの画像
    水1リットル当たりに含まれるカルシウムやマグネシウムなどの含有量を「硬度」と言い、硬度の値によって「…
  3. すだれの画像
    簾(すだれ)は、材料に細く割った竹や葦(ヨシ)などを並べて糸で編んだもので、日よけや目隠しなどの目的…
  4. スパークリングワインを注ぐ画像
    スパークリングワインは、炭酸ガスを多量に含んだ発泡性のワインのこと。 非発泡性ワインは、スティルワ…
  5. シャベルとスコップの画像
    JIS規格では、上部が平らで足をかけて押せるものを「ショベル(シャベルと同じ)」、上部がな曲線状で足…
ページ上部へ戻る