「広島原爆」と「長崎原爆」


人類史上、実戦で核兵器が使用されたのは、1945年8月6日に広島へ投下された原子爆弾(以下、「原爆」)と、1945年8月9日に長崎へ投下された原爆だけである。
広島原爆と長崎原爆を比較すると、使用された燃料や爆発時の破壊力、被害状況などが異なり、破壊力の大きい原爆を使われたのが長崎原爆、被害が大きかったのが広島原爆であった。

広島型原爆
コードネーム:リトルボーイ
爆弾の燃料:ウラン325
爆発威力(TNT換算):約15キロトン
爆撃機:B-29(エノラ・ゲイ)
当時の人口:約35万人
死者数:約14万人

長崎型原爆
コードネーム:ファットマン
爆弾の燃料:プルトニウム
爆発威力(TNT換算):約22キロトン
爆撃機:B-29(ボックスカー)
当時の人口:約24万人
死者数:約7.4万人

当時の人口は推定、死者数は同年末までの推定。
広島の約1.5倍の威力を持つ原爆が使われた長崎の方が被害が少なかったのは、長崎市は山で囲まれた地形で、山によって熱線や爆風が遮断されたためといわれる。

広島と長崎の反核運動や核廃絶運動などに対する姿勢の違いを、「怒りの広島、祈りの長崎」と形容される。
これは、広島原爆の代表文学、峠三吉の原爆詩集「にんげんをかえせ」が被爆者の怒りを表しており、長崎原爆の代表文学、永井隆の『長崎の鐘』は世界平和を訴える作品であり、長崎はキリスト教信者が多く、世界平和をひたすら祈る印象があるためで、広島市民が平和を祈らないわけでも、長崎市民に怒りがないわけでもない。
世界に向けて被爆地を表す際は、地名を「ヒロシマ」「ナガサキ」とカタカナ表記することが多いため、「怒りのヒロシマ、祈りのナガサキ」とも書かれる。

関連リンク

広島県の意味・語源・由来
長崎県の意味・語源・由来

ランダム 今見られているページ
  1. 「検討」と「見当」

  2. 「交じる」と「混じる」「雑じる」

  3. 「海藻」と「海草」

  4. 「ひやむぎ」と「そうめん」

  5. 「池」「沼」「湖」「泉」「沢」「潟」

  1. 「幼稚園」「保育園」「保育所」「託児所」

  2. 「鮭」と「サーモン」

  3. 「退職願」「退職届」「辞表」

  4. 「赤身魚」「白身魚」「青魚」

  5. 「越える」と「超える」

  6. 「戸籍謄本」と「戸籍抄本」

  7. 「伯父」「叔父」「小父」

  8. 「時期」「時季」「時機」

  9. 「祝日」「祭日」「祝祭日」

  10. 「高齢者等避難」「避難指示」「緊急安全確保」

おすすめ

  1. 「見る」「観る」「視る」「診る」「看る」

  2. 「最近」「近頃」「この頃」「昨今」

  3. 「対象」「対照」「対称」

  4. 「伯父」「叔父」「小父」

  5. 「懲役」「禁錮(禁固)」「拘留」

  6. 「イモリ」「ヤモリ」「トカゲ」「カナヘビ」

  7. 「夜更け」「未明」「夜中」「真夜中」「深夜」「夜半」

  8. 「ひやむぎ」と「そうめん」

  9. 「たらこ」と「明太子」

  10. 「絶対」と「絶体」

TOP