「ソーセージ」と「ウインナー」と「フランクフルト」と「ボロニア」の違い

ソーセージの画像

ソーセージは、塩漬けした肉に香辛料で味をつけ、すり潰して湯煮や燻煙・燻製した保存食品。
腸詰めして作ることが多いため、日本では牛・豚・羊などの腸に詰めたり、腸に似たケーシング(詰め袋)に詰めたものを「ソーセージ」と呼んでいる。
ウインナー・フランクフルト・ボロニアは、ソーセージの種類を指すもので、すべてソーセージである。
日本では特にウインナーの生産量が多いため、単に「ソーセージ」と言えば「ウインナー」のことを指す。

ウインナーは「ウインナーソーセージ」の略で、オーストリアのウィーン風ソーセージという意味。
フランクフルトは「フランクフルトソーセージ」の略で、ドイツのフランクフルト風ソーセージ。
ボロニアは「ボロニアソーセージ」の略で、イタリアのボローニャ風ソーセージという意味である。

ウインナーは羊の腸に詰めたもの、フランクフルトは豚の腸に詰めたもの、ボロニアは牛の腸に詰めたものを指し、基本的には腸の種類によって分類される。
しかし、近年は人工のケーシングに詰めて作られることが多いため、日本農林規格(JAS)では、次のように定義し、腸の種類のほか、太さによる分類もしている。

ウインナーソーセージは、羊腸を使用したもの又は製品の太さが20mm未満のもの(牛腸を使用したもの及び豚腸を使用したものを除く)をいう。
フランクフルトソーセージは、豚腸を使用したもの又は製品の太さが20mm以上36mm未満のもの(牛腸を使用したもの及び羊腸を使用したものを除く)をいう。
ボロニアソーセージは、牛腸を使用したもの又は製品の太さが36mm以上のもの(豚腸を使用したもの及び羊腸を使用したものを除く)をいう。

このような分類は日本独自のもので、日本で「ウインナー」と呼ばれるものが、ウィーンでは「フランクフルトソーセージ」と呼ぶといわれる。
スポンサーリンク
【オールガイドリンク】
ソーセージの意味・語源・由来 – 語源由来辞典
ウインナーの意味・語源・由来 – 語源由来辞典
ソーセージの類語・同義語 – 類語同義語辞典
ウインナーの類語・同義語 – 類語同義語辞典

関連記事

  1. 連邦議会議事堂の画像
    日本で「ワシントン」いえば、アメリカ合衆国の首都を指すが、アメリカには「ワシントンD.C.」と「ワシ…
  2. 海外で活躍する日本のサラリーマン画像
    邦人の「邦」は「国」のことで、邦人は自国の人という意味になる。 日本から見て自国の人は日本人である…
  3. 王将と玉将の画像
    一組の将棋駒で、「飛車」「角行」「金将」「銀将」「桂馬」「香車」「歩兵」は両者一対となっているが、「…
  1. 黒沢健一コンサート画像
    コンサートもリサイタルも、人前で歌や演奏を披露することは同じであるが、大きな違いは人数である。 …
  2. 食べ放題の画像
    コース料理とは異なり、並んだ料理から好きなものを取って食べる形式・食べ放題のことを、「ビュッフェ(ス…
  3. お辞儀の画像
    お辞儀は、親愛の気持ちや敬意を表す時に頭を下げて挨拶することで、人間関係を構築する上で基本中の基本と…
  4. 高画質テレビの画像
    液晶テレビは、液晶が碁盤の目に並んだパネルを、バックライトと光の三原色であるR(赤)G(緑)B(青)…
  5. 知識と知恵と見識を備えた学者の画像
    知識は、ある物事について知っていること。また、その内容。 学習や実験から得られた、誰もが事実として…
ページ上部へ戻る