「カフェオレ」と「カフェラテ」と「カプチーノ」と「カフェモカ」の違い

カフェラテの画像

カフェオレ(カフェ・オ・レ)はフランス語から、カフェラテ(カフェ・ラテ)はイタリア語からで、どちらも日本語に訳すと「コーヒー牛乳」「ミルク入りコーヒー」という意味になる。

この2つは「オレ」と「ラテ」という言葉の違いだけでなく、「カフェ(コーヒー)」に違いがあり、カフェオレにはドリップコーヒーを使うが、カフェラテには高い圧をかけて短時間で抽出するエスプレッソコーヒーを使う。

カフェオレとカフェラテはコーヒーの種類が違うため、コーヒーとミルクの分量も異なり、カフェオレはコーヒーとミルクの割合が半分ずつだが、カフェラテはエスプレッソ2割、ミルク8割である。

ミルクには普通に牛乳を温めたミルク、牛乳を蒸気熱で温めたスチームミルク、牛乳を蒸気熱と空気で温めながら泡立てたフォームミルクがあり、それぞれ使用するミルクも異なる。
カフェオレは、普通のミルク。
日本で主に飲まれるアメリカ式のカフェラテには、スチームミルク。
イタリア式のカフェ・ラッテには、普通のミルクが使われる。

カプチーノは、エスプレッソに泡立てたミルクを加えたもので、フォームミルクの上にチョコレートパウダーがふかけられたものも多い。
割合は、エスプレッソ3割、スチームミルク3割、フォームミルク5割か、1対1対1の割合。

カフェモカは、エスプレッソにホイップクリーム、チョコレートシロップを加えたものだが、カフェラテにチョコレートを加えたものを指すことが多い。
割合は、エスプレッソ2割、スチームミルク7割、チョコレートシロップ1割。

その他、似た飲み物には以下のものがある。

ドリップコーヒーにクリームを乗せた「ウインナーコーヒー」。
エスプレッソの上にホイップクリームを浮かべた「カフェ・コン・パンナ」(ココアパウダーをかけることもある)。
エスプレッソにフォームミルクを加えた「カフェ・マキアート」。
オーストラリアやニュージーランドでよく飲まれる、エスプレッソにスチームミルクを加えた、エスプレッソ版カフェオレの「フラットホワイト」。
カプチーノにココアパウダーを加えた「カプチーノ・コン・カカオ」。
カプチーノにキャラメルシロップを加えた「キャラメル・カプチーノ」。
カプチーノにヘーゼルナッツシロップを加えた「ヘーゼルナッツ・カプチーノ」。
ミルクの代わりに豆乳を加えた「ソイチーノ」。
ミルクの代わりにスキムミルクを加えた「スキニチーノ」など。

関連記事

  1. コック帽の画像
    コックは、西洋料理や中華料理の料理人のこと。 オランダ語の「kok」に由来し、英語では「cook」…
  2. バターを塗る画像
    バターは、牛乳から分離したクリームを練り固めた食品で、動物性脂肪が主成分となっている。 マーガ…
  3. 雑煮の画像
    雑煮は、汁の仕立て方や餅の形、具材など、作り方は地域や家庭によって様々で、全国共通の認識としてあるの…
  1. 声楽家の画像
    歌手といえば、日本では歌謡曲の歌手のイメージが強いが、オペラ歌手・声楽家も含み、歌を歌うことを職業に…
  2. コック帽の画像
    コックは、西洋料理や中華料理の料理人のこと。 オランダ語の「kok」に由来し、英語では「cook」…
  3. レギンスの画像
    日本で「スパッツ」と呼ばれるものは、欧米では「レギンス」と呼ばれ、基本的には同じもの。 日本に「レ…
  4. 校正の画像
    校正と校閲は、文章などの誤りを直し正すことだが、それぞれ作業のポイントとなる点は異なる。 校正…
  5. 蛇口の画像
    「ひねる」と「ねじる」と「よじる」は、回すという点では同じだが、回す方向や強さ、回数などに違いがある…
ページ上部へ戻る