「ピント」と「フォーカス」


ピントもフォーカスも、日本語で「焦点」を意味する。
レンズの焦点を合わせることを、昔は大半が「ピントを合わせる」と言ったが、現在は「フォーカスを合わせる」と言うことも多くなってきている。
これは、「フォーカス」よりも「ピント」の方が早く日本に入った言葉であるためである。。

しかし、現在でも人々の注意や興味の集まるところや、物事の中心点の「焦点」を表す時には、「ピントがずれている」「ピンぼけ」などと言って、「フォーカス」よりも「ピント」を使うことが多い。
これは、入ってきた順番のほか、「焦点」という言葉の成り立ちも関係している。

ピントはオランダ語の「brundpunkt」に由来する。
「brundpunkt」の「brund」は燃えるや焦げるの意味で、「punkt」は点を意味する。
「焦げる点」というのは、太陽の光を凸レンズで集めた点が焦げることからである。
「brundpunkt」を日本語に訳した言葉が「焦点」で、古くは「焼点」とも書いた。
つまり、焦点は「ピント(の語源)」に由来する言葉で、「焦点=ピント」となるため、焦点は全て「ピント」に置き換えることができたのである。

フォーカスは英語の「focus」に由来し、「focus」にも興味や関心の中心という意味はある。
しかし、フォーカスは「焦点=ピント」という図式が出来上がった後に入ってきた言葉である。
また、興味や関心の中心の意味で「焦点」を使うのは、比喩的な印象がある。
そのため、フォーカスは「焦点」の意味の中でも、特に「レンズの焦点」を表す言葉として使われたのである。

ちなみに、英語の「focus」は、ラテン語で「炉・火」を意味する「focus」に由来し、イタリア語で「火」を意味する「fuoco」も、ラテン語の「focus」が語源である。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「パート」と「アルバイト」

  2. 「分かる」「解る」「判る」

  3. 「見る」「観る」「視る」「診る」「看る」

  4. 「重体」「重傷」「軽傷」

  5. 「香水」「オーデコロン」「オードトワレ」「オードパルファム」「パルファム」

  6. 「しらたき」と「糸こんにゃく」

  7. 「越える」と「超える」

  8. 「幼稚園」「保育園」「保育所」「託児所」

  9. 「チョッキ」「ベスト」「ジレ」

  10. 「回復」と「快復」

おすすめ

  1. 「ニホン」と「ニッポン」

  2. 「改定」と「改訂」

  3. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  4. 「御社」と「貴社」

  5. 「意思」と「意志」

  6. 「午前12時」と「午後0時」

  7. 「商品」と「製品」

  8. 「賀正」「迎春」「謹賀新年」「恭賀新年」

  9. 「分かる」「解る」「判る」

  10. 「恋」と「愛」

TOP