「しらたき」と「糸こんにゃく」の違い

しらたきの画像

紐のように細いこんにゃくには、「しらたき(白滝)」と「糸こんにゃく(糸蒟蒻)」の呼び名がある。
色の違いによって、白いものが「しらたき」、黒くまだらのものが「糸こんにゃく」と思われがちだが、黒いしらたきもあれば、白い糸こんにゃくもある。

しらたきも糸こんにゃくも、江戸時代に誕生したものだが、しらたきは主に関東で作られ、糸こんにゃくは主に関西で作られたもので、元々製法に違いがあった。

しらたきは、固まり切っていないゼリー状のものを、円筒の細い穴からところてんのように押し出したものを湯で固める。
こんにゃくが穴から出てくる姿が、白い滝のように見えることから「しらたき」と名付けられた。
糸こんにゃくは、固まった板こんにゃくを細く切って糸状にしたものなので「糸こんにゃく」と呼ぶのである。
このような製法の違いから、しらたきの太さは2~3mmぐらい、糸こんにゃくの太さは4~8mmぐらいのものが多い。

現在では製法に違いはなくなっており、太さによって呼び分けられることもないが、昔から馴染みのある呼称だけが残り、関東のメーカーや関東で販売されるものは「しらたき」、関西のメーカーや関西で販売されるものは「糸こんにゃく」となっていることが多く、しらたきと糸こんにゃくの違いは、地域による違いしかないと言ってよい。

ちなみに、「糸こんにゃく」と呼ばれることが多いため、ここまで「糸こんにゃく」として解説を続けてきたが、本来は「糸ごんにゃく」という。

関連記事

  1. 戦争と平和の画像
    戦争は、国家間の対立によって起こる軍事力を用いた戦闘行為、及び、その状態。 比喩として、「受験戦争…
  2. 書類作成の画像
    行政書士も司法書士も、公的な機関に提出する法律関係の書類作成や申請などを代行する仕事である。 …
  3. 手を繋ぎたがる同級生の画像
    同級生は、同じ学級の生徒、クラスメートのことをいう。 本来は、同じ学校で同学年の生徒であっても、ク…
  1. 素足から裸足になる画像
    裸足(跣)と素足の違いは、履物を履くか履かないかの違いである。 裸足は、何も履いていない足や、履物…
  2. 遺体の画像
    死体と遺体の違いは、死者の体を物体として表現するか、人格を認めた表現にするかの違いである。 死体は…
  3. 穴をあける画像
    「あく・あける」の漢字には、「明く・明ける」「開く・開ける」「空く・空ける」がある。 「明く・…
  4. カウンターで応対する画像
    応対と対応の違いは、人に対して応じるか、人以外の事柄に応じるかの違いである。 「電話応対」と「…
  5. 披露宴に華を添える花画像
    一般には「花」を使い、「華」はきらびやかなもの、美しいもの、すぐれた性質の比喩に多く使われる。 …
ページ上部へ戻る