「しらたき」と「糸こんにゃく」の違い

しらたきの画像

紐のように細いこんにゃくには、「しらたき(白滝)」と「糸こんにゃく(糸蒟蒻)」の呼び名がある。
色の違いによって、白いものが「しらたき」、黒くまだらのものが「糸こんにゃく」と思われがちだが、黒いしらたきもあれば、白い糸こんにゃくもある。

しらたきも糸こんにゃくも、江戸時代に誕生したものだが、しらたきは主に関東で作られ、糸こんにゃくは主に関西で作られたもので、元々製法に違いがあった。

しらたきは、固まり切っていないゼリー状のものを、円筒の細い穴からところてんのように押し出したものを湯で固める。
こんにゃくが穴から出てくる姿が、白い滝のように見えることから「しらたき」と名付けられた。
糸こんにゃくは、固まった板こんにゃくを細く切って糸状にしたものなので「糸こんにゃく」と呼ぶのである。
このような製法の違いから、しらたきの太さは2~3mmぐらい、糸こんにゃくの太さは4~8mmぐらいのものが多い。

現在では製法に違いはなくなっており、太さによって呼び分けられることもないが、昔から馴染みのある呼称だけが残り、関東のメーカーや関東で販売されるものは「しらたき」、関西のメーカーや関西で販売されるものは「糸こんにゃく」となっていることが多く、しらたきと糸こんにゃくの違いは、地域による違いしかないと言ってよい。

ちなみに、「糸こんにゃく」と呼ばれることが多いため、ここまで「糸こんにゃく」として解説を続けてきたが、本来は「糸ごんにゃく」という。
スポンサーリンク

関連記事

  1. チョッキ・ベスト・ジレの画像
    チョッキの語源には、「直着」の意味や、フランス語の「jaque」やポルトガル語の「jaqueta」か…
  2. 寄付金の画像
    寄付金(寄附金)とは、公共団体や宗教施設、学校法人などに金銭を贈ること。 災害時に寄せられる寄付金…
  3. 目(眼)の画像
    目は眼よりも日常的に使われ、「台風の目」「魚の目」「痛い目」「ひいき目」など、目の形状や働き・機能な…
  1. 体を絞る画像
    しぼるの漢字には「絞る」と「搾る」があるが、それぞれの漢字が表す意味から使い分けされる。 「絞…
  2. 代表取締役社長の画像
    会社のトップは「代表取締役社長」のことが多が、「代表取締役」と「社長」は異なる定義による呼称で、「代…
  3. 徳利とお猪口の画像
    徳利は、口の近くが狭くすぼみ、胴が膨らんだ形をした、陶製・金属製・ガラス製の酒・醤油・酢などを入れて…
  4. 沖縄のタバコの画像
    タールもニコチンもタバコに含まれる有害物質であるが、その性質は異なる。 タールはタバコを吸った…
  5. 標準体重の画像
    基準・標準・水準の意味は、物事の判断・評価・比較のよりどころとなるものという点では共通するが、置き換…
ページ上部へ戻る