「広報」「公報」「弘報」


広報とは、官庁や企業、各種団体などが、施策や活動内容、商品やイメージなどを広く一般の人々に知らせること。また、そのお知らせ。PR。
戦前まで「広報」は「弘報」と書かれることが多かったが、弘報は情報の配信のみを意味し、一方向的なものであったため、人々に知らせて理解や協力を求める双方向的な「PR」の語が入ってきてからは、「広報」が多く使われるようになった。
つまり、弘報は人々に知らせるだけでよいが、広報は単に知らせるだけでなく、理解や協力を得られるようなお知らせでなければならないのである。

公報とは、官庁などの公の機関が、公示しなければならない事項を、一般国民に広く知らせるために発表する公式の報告。地方公共団体が官報に準じて発行する文書。ある官庁が他の官庁へ出す報告文書のこと。
特に、地方公共団体が発行する文書のことを「公報」といい、国の場合は「官報」という。

広報と公報の違いは、企業や各種団体を含めるか含めないかという点もあるが、大きな違いは内容で、官庁の発行する広報は、住民に対するサービスや活動内容のお知らせをするPRであるのに対し、公報は条例や規則の公布、告示、公示、公告など、公の機関の任務として、住民に報告をするものである。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「共同」「協同」「協働」

  2. 「生かす」と「活かす」

  3. 「臭い」「匂い」「香り」

  4. 「香水」「オーデコロン」「オードトワレ」「オードパルファム」「パルファム」

  5. 「交代」と「交替」

  6. 「押さえる」と「抑える」

  7. 「ピーマン」と「パプリカ」

  8. 「長い」と「永い」

  9. 「遵守」と「順守」

  10. 「通夜」「葬儀」「告別式」

おすすめ

  1. 「羽」と「羽根」

  2. 「生かす」と「活かす」

  3. 「目」と「眼」

  4. 「フクロウ」と「ミミズク」

  5. 「御霊前」と「御仏前」

  6. 「以下」と「未満」

  7. 「ニホン」と「ニッポン」

  8. 「戸籍謄本」と「戸籍抄本」

  9. 「邦人」と「日本人」

  10. 「寿司」「鮨」「鮓」

TOP