「野菜」と「蔬菜」


野菜と蔬菜の元々の意味は異なるが、現在では同義として扱われている。

本来、蔬菜は食用にする草本植物(草)の総称で、キノコなども含んで用いられた語である。
蔬菜は野菜よりも意味が広く、栽培種・野生種を問わず使われており、蔬菜の中でも野生のものを指していった言葉が「野菜」や「山菜」であった。

やがて、野菜が野生の食用草本植物を指したことから、蔬菜は栽培する食用草本植物を指し、野生種と栽培種で区別さるようになった。
ところが、それまで野生であったものも栽培されるようになり、区別ができなくなったため、野菜と蔬菜は同義として扱われるようになった。
蔬菜の「蔬」の字が常用漢字外であることもあり、一般に「野菜」が使われる。

民間で広く「野菜」と呼ばれるようになってからも、官公庁用語では「蔬菜」が使われていたが、最近では官公庁用語でも「野菜」を使っている。

ランダム 今見られているページ
  1. 「蜃気楼」と「陽炎」

  2. 「作る」「造る」「創る」

  3. 「恐ろしい」「怖い」「おっかない」

  4. 「時」「時間」「時刻」

  5. 「目」と「眼」

  1. 「臭い」「匂い」「香り」

  2. 「生誕」と「誕生」

  3. 「収める」「納める」「治める」「修める」

  4. 「特徴」と「特長」

  5. 「妻」「嫁」「奥さん」「女房」「家内」「かみさん」

  6. 「時期」「時季」「時機」

  7. 「初め」と「始め」

  8. 「鷹(タカ)」「鷲(ワシ)」「鳶(トビ)」

  9. 「早い」と「速い」

  10. 「精進」と「邁進」

おすすめ

  1. 「伏線」と「布石」

  2. 「飛ぶ」「跳ぶ」「翔ぶ」

  3. 「登山」「トレッキング」「ハイキング」

  4. 「抗菌」「除菌」「殺菌」「滅菌」「消毒」

  5. 「鷹(タカ)」「鷲(ワシ)」「鳶(トビ)」

  6. 「霧(きり)」「靄(もや)」「霞(かすみ)」

  7. 「同級生」「同期生」「同窓生」

  8. 「精進」と「邁進」

  9. 「うなぎ」と「あなご」

  10. 「祝日」「祭日」「祝祭日」

TOP