「野菜」と「蔬菜」


野菜と蔬菜の元々の意味は異なるが、現在では同義として扱われている。

本来、蔬菜は食用にする草本植物(草)の総称で、キノコなども含んで用いられた語である。
蔬菜は野菜よりも意味が広く、栽培種・野生種を問わず使われており、蔬菜の中でも野生のものを指していった言葉が「野菜」や「山菜」であった。

やがて、野菜が野生の食用草本植物を指したことから、蔬菜は栽培する食用草本植物を指し、野生種と栽培種で区別さるようになった。
ところが、それまで野生であったものも栽培されるようになり、区別ができなくなったため、野菜と蔬菜は同義として扱われるようになった。
蔬菜の「蔬」の字が常用漢字外であることもあり、一般に「野菜」が使われる。

民間で広く「野菜」と呼ばれるようになってからも、官公庁用語では「蔬菜」が使われていたが、最近では官公庁用語でも「野菜」を使っている。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「午前12時」と「午後0時」

  2. 「コリアンダー」と「パクチー」

  3. 「褒める」と「誉める」

  4. 「おかゆ」「雑炊」「おじや」「リゾット」

  5. 「以下」と「未満」

  6. 「入れ墨」「刺青」「タトゥー」

  7. 「努める」「勉める」「勤める」「務める」

  8. 「ワイシャツ」と「カッターシャツ」

  9. 「生かす」と「活かす」

  10. 「整理」と「整頓」

おすすめ

  1. 「積極的」「自発的」「能動的」

  2. 「簾(すだれ)」と「葦簀(よしず)」

  3. 「顧みる」と「省みる」

  4. 「署名」「記名」「サイン」

  5. 「始末書」と「顛末書」

  6. 「ZERO(ゼロ)」と「零(れい)」

  7. 「忖度」と「斟酌」

  8. 「会社員」「社員」「従業員」「職員」

  9. 「ノースリーブ」「タンクトップ」「ランニングシャツ」

  10. 「根本的」と「抜本的」

TOP