「雑学」と「豆知識」


雑学は、多方面にわたる雑多な知識、系統立っていない学問のこと。
豆知識は、ちょっとした知識。役に立つ知識のこと。
雑学と豆知識の違いでよくいわれるのが、雑学は知っていても役に立たないもの、豆知識は役に立つものといったものだが、役に立つ雑学もあれば、役に立たない豆知識もあり、この区別の仕方は間違いである。

「生活の知恵」のように、豆知識が役に立つ知識の意味を持つようになったのは、本筋となるものがあり、その本筋から少し外れたちょっとした知識をいったことから。
同じ話題であっても、使う場面によって「雑学」が適切な場合と、「豆知識」が適切な場合がある。

たとえば、天気予報の最中に「腐った卵の見分け方」を話し始めた場合、本筋から大きく外れているため、役に立つ情報でも「豆知識」ではなく「雑学」という。
てっちりの語源は、何の役にも立たない雑学だが、てっちりを作っている最中に話した場合、本筋から少し外れているだけなので「てっちりに関する豆知識」ともいえる。

本やWebサイトなどで、複数の情報がまとめられているものについては、雑多な知識なので、ふつうは「雑学」を使うが、特定分野に限った知識のまとめであったり、あるテーマに沿った役に立つ情報を集めたものについては「豆知識」が使われる。
この「違いがわかる事典」の場合、「違い」というテーマはあるが、その中で言葉や事物など様々なジャンルを扱っているため、仮に役に立つ情報ばかりであったとしても、「違いの豆知識」とはいわず「違いの雑学」という。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「召集」と「招集」

  2. 「拝啓」「謹啓」「前略」

  3. 「変わる」「代わる」「替わる」「換わる」

  4. 「ビュッフェ」と「バイキング」

  5. 「悲しい」と「哀しい」

  6. 「意思」と「意志」

  7. 「ピーマン」と「パプリカ」

  8. 「暖かい」と「温かい」

  9. 「主催」「協賛」「協力」「後援」

  10. 「心肺停止」と「死亡」

おすすめ

  1. 「不倫」と「浮気」

  2. 「絶対」と「絶体」

  3. 「竹」と「笹」

  4. 「探す」と「捜す」

  5. 「足」「脚」「肢」

  6. 「香水」「オーデコロン」「オードトワレ」「オードパルファム」「パルファム」

  7. 「赤身魚」「白身魚」「青魚」

  8. 「つくね」と「つみれ」

  9. 「重体」「重傷」「軽傷」

  10. 「おかゆ」「雑炊」「おじや」「リゾット」

TOP