「春の七草」と「秋の七草」


春の七草とは、芹(せり)・薺(なずな)・御形(ごぎょう)・繁縷(はこべら)・仏の座(ほとけのざ)・菘(すずな)・蘿蔔(すずしろ)の7種。
この野菜を刻んで入れたお粥を「七草粥」といい、一年の無病息災を願って1月7日に食べられる。

秋の七草とは、萩(はぎ)・尾花(おばな)・葛(くず)・撫子(なでしこ)・女郎花(おみなえし)・藤袴(ふじばかま)・桔梗(ききょう)の7種。
秋の七草は春の七草のように、食べたり何かの行事をするものではなく、秋を代表する草花で、観賞するものである。

春の七草は、年初に芽を出した草を摘む「若菜摘み」という風習に由来し、中国の「七種菜羹(七種の野菜の汁物)」と合わさって、1月7日に七草粥を食べるようになったといわれる。

秋の七草は、万葉集で山上憶良が詠んだ「秋の野に 咲きたる花を 指折り かき数ふれば 七種の花」と「萩の花 尾花 葛花 瞿麦(なでしこ)の花 姫部志(をみなへし) また藤袴 朝貌の花」の2首の歌が由来といわれる。
歌の中で「朝貌」とあるのは、桔梗の説が有力とされるが、朝顔・木槿(むくげ)・昼顔などの説もある。

ランダム 今見られているページ
  1. 「可愛い」と「可愛らしい」

  2. 「震度」と「マグニチュード」

  3. 「自首」と「出頭」

  4. 「能率」と「効率」

  5. 「中部地方」「東海地方」「東海三県」「中京圏」

  1. 「シャベル」と「スコップ」

  2. 「コリアンダー」と「パクチー」

  3. 「目的」と「目標」

  4. 「ビュッフェ」と「バイキング」

  5. 「作る」「造る」「創る」

  6. 「戦略」と「戦術」

  7. 「高齢者等避難」「避難指示」「緊急安全確保」

  8. 「赤身魚」「白身魚」「青魚」

  9. 「忖度」と「斟酌」

  10. 「取締役」「役員」「執行役員」

おすすめ

  1. 「モツ」と「ホルモン」

  2. 「言い訳」「申し訳」「弁解」「弁明」「釈明」

  3. 「霧(きり)」「靄(もや)」「霞(かすみ)」

  4. 「勧める」「奨める」「薦める」

  5. 「ねじ」「ボルト」「ビス」「釘」

  6. 「森」と「杜」

  7. 「ピーマン」と「パプリカ」

  8. 「電気」「電機」「電器」

  9. 「歳」と「才」

  10. 「芸能人」「タレント」「有名人」

TOP