「足りない」と「足らない」


「足りない」と「足らない」は意味に違いはなく、どちらを使っても誤りではないが、「足りない」の方が現代語的で、「足らない」の方が古語的な表現となる。
そのような違いがあるのは、元になっている言葉が違うためである。

「足りない」は、「足りる」を否定形にした言葉。
「足らない」は、「足る」を否定形にした言葉である。
「足る」は古くから使われている言葉で、「足りる」は江戸時代以降に一般的になった言葉であるため、「足らない」よりも「足りない」の方が新しい言い方になる。
なお、「足る」が一般的であった時代の否定形は、「足らず」や「足らぬ」なので、「足らない」も新しい言い方ではある。

「足りる」は「足る」が変化した言葉であるように、「借りる」は「借る」、「飽きる」は「飽く」と言っていた。
しかし、「借りない」を「借らない」、「飽きない」を「飽かない」とは、あまり言わないことを踏まえると、今以上に「足らない」の使用が減り、「足りない」のみ使うようになる可能性もある。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「収める」「納める」「治める」「修める」

  2. 「たらこ」と「明太子」

  3. 「冷蔵」「冷凍」「氷温」「チルド」「パーシャル」

  4. 「分かれる」と「別れる」

  5. 「意思」と「意志」

  6. 「戸籍謄本」と「戸籍抄本」

  7. 「ラムネ」「サイダー」「ソーダ」

  8. 「ねじ」「ボルト」「ビス」「釘」

  9. 「容疑者」「被疑者」「被告人」「犯人」

  10. 「異常」と「異状」

おすすめ

  1. 「香水」「オーデコロン」「オードトワレ」「オードパルファム」「パルファム」

  2. 「栄養ドリンク」と「エナジードリンク」

  3. 「長い」と「永い」

  4. 「アナウンサー」「キャスター」「リポーター」

  5. 「邦人」と「日本人」

  6. 「鷹(タカ)」「鷲(ワシ)」「鳶(トビ)」

  7. 「感心」と「関心」

  8. 「署名」「記名」「サイン」

  9. 「影」と「陰」

  10. 「弁済」と「返済」

TOP