「おかゆ」「雑炊」「おじや」「リゾット」


おかゆは、ご飯と同じ要領で、水の分量を多くし、米から炊いたもの。
消化が良いことから、離乳食や病人食、精進料理の主食としても食べられる。
基本的は米と水から作られるが、サツマイモや山芋を入れた芋粥や、ほうじ茶や緑茶で炊く茶粥などもある。

雑炊は、ご飯に出汁や具を入れて煮込んだもの。
鍋の締めとして残り汁を利用することも多い。
おかゆのように米から作るのではなく、雑炊は炊いた米から作り、水ではなく出汁、具を入れるなど、雑炊とおかゆで異なる点は多い。

おじやは、作る際に「じやじや」と聞こえることから、「じや」に接頭語の「お」を付けたもので、元々は「雑炊」をいった女房言葉。
雑炊とおじやの違いは、ご飯を一度洗ってぬめりを取ったものが「雑炊」、粘り気のあるものが「おじや」と言われたり、味噌や醤油で味付けしたものが「おじや」、塩や煮汁で味付けしたものが「雑炊」などと言われる。
しかし、このような区別の仕方は地域や家庭によってさまざまで、明確な基準はなく、基本的には「雑炊」も「おじや」も同じものである。

ちなみに、沖縄方言では「雑炊飯」が訛った「ジューシーメー」から、雑炊のことを「ジューシー」というが、炊き込みご飯のことも「ジューシー」という。

リゾットは、米をオリーブオイルやバターで炒め、白ワインや出汁を入れて炊いたイタリア料理。
米は洗わず、あまりかき混ぜずに煮込み、水分が蒸発したら追加し、米がアルデンテになるまで煮るのが特徴。
魚介・肉・きのこ・野菜など、さまざまな具材が加えられる。

関連リンク

ランダム 今見られているページ
  1. 「サラリーマン」と「ビジネスマン」

  2. 「関西」「近畿」「京阪神」

  3. 「昨年」「去年」「前年」「旧年」

  4. 「価格」「値段」「料金」「代金」「代価」「金額」

  5. 「WHISKY」と「WHISKEY」

  1. 「生かす」と「活かす」

  2. 「容疑者」「被疑者」「被告人」「犯人」

  3. 「おしるこ」と「ぜんざい」

  4. 「整理」と「整頓」

  5. 「おざなり」と「なおざり」

  6. 「足」「脚」「肢」

  7. 「分かる」「解る」「判る」

  8. 「収める」「納める」「治める」「修める」

  9. 「戦略」と「戦術」

  10. 「調理」と「料理」

おすすめ

  1. 「聞く」「聴く」「訊く」

  2. 「対応」と「応対」

  3. 「中部地方」「東海地方」「東海三県」「中京圏」

  4. 「利子」「利息」「金利」

  5. 「異常」と「異状」

  6. 「姑息」と「卑怯」

  7. 「代表取締役」「社長」「代表取締役社長」

  8. 「ピーマン」と「パプリカ」

  9. 「簾(すだれ)」と「葦簀(よしず)」

  10. 「鮭」と「サーモン」

TOP