「お菓子」と「駄菓子」


菓子は元々「果物」のことを指していたが、茶菓子として出される甘い菓子が作られるようになってからは、果物を「水菓子」と呼び、食事のほかに食べる果物以外の嗜好品を「お菓子」と呼ぶようになった。
お菓子は、饅頭や羊羹、餅菓子などの和菓子と、チョコレートやビスケット、キャンディ、ケーキ、アイスクリームなどの洋菓子に大別されるが、生菓子と干菓子といった分類の仕方もある。

駄菓子はお菓子の一種で、江戸時代には見られる言葉である。
江戸時代は、上白糖が高価で稀少なものであったため、上白糖を使った菓子は「上菓子」と呼ばれ、大名や武士が食べるものであった。
この上菓子に対し、庶民が食べる黒糖を使った菓子が「駄菓子」である。

その後、粗糖(精製していない砂糖)や雑穀などの安価な材料で作られた大衆的な菓子を「駄菓子」と呼ぶようになり、安く販売される菓子もいうようになった。
現在では、洋菓子・和菓子を問わず、安価で大衆的な菓子を「駄菓子」と呼ぶ。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「主催」「協賛」「協力」「後援」

  2. 「シャベル」と「スコップ」

  3. 「鷹(タカ)」「鷲(ワシ)」「鳶(トビ)」

  4. 「伯母」「叔母」「小母」

  5. 「回復」と「快復」

  6. 「拝啓」「謹啓」「前略」

  7. 「バカ」と「アホ」

  8. 「香水」「オーデコロン」「オードトワレ」「オードパルファム」「パルファム」

  9. 「暖かい」と「温かい」

  10. 「高齢者等避難」「避難指示」「緊急安全確保」

おすすめ

  1. 「領海」「接続水域」「排他的経済水域」

  2. 「積極的」「自発的」「能動的」

  3. 「退社」と「退勤」

  4. 「デニム」「ジーンズ」「ジーパン」

  5. 「進呈」「贈呈」「謹呈」「献上」

  6. 「拝啓」「謹啓」「前略」

  7. 「床屋」と「美容室」

  8. 「ジュゴン」と「マナティ」

  9. 「預金」「貯金」「貯蓄」

  10. 「おはぎ」と「ぼたもち」

TOP