「回復」と「快復」


回復とは、悪い状態になったものが、元の状態になること。一度失ったものを取り戻すこと。
悪い状態から元の状態に戻る意味では、「景気回復」「健康が回復する」「疲労回復」など。
失ったものを取り戻す意味では、「信用を回復する」「名誉を回復する」などと使う。
「恢復」の表記もあるが、常用漢字外表記であるため、あまり使われない。

快復とは、病気が治ること。
「傷が快復する」「病気が快復する」などと使う。

病気が治る意味では、回復も快復も使え、それ以外の意味では回復しか使えないという違いがあるが、病気が治る意味の中でも、回復と快復には使い分けがある。

快復の「快」の字は、「こころよい」という意味。
病気に対して使われる時は、「病気の元が取れて気持ちがよい」という意味から、快復には「完全に治る」というニュアンスが含まれている。
全快、快癒、快気祝いの快気などは、「完全に治る」という意味である。
「少しでも”かいふく”してくれれば」という場合に「快復」と書くと、「少しでも完全に治ってくれれば」という変な意味になってしまうため、「回復」を使うのが正しい。

また、病気の人に対して「”ごかいふく”をお祈り申し上げます」という場合は、「ご回復」よりも「ご快復」のほうが、「完全に治って欲しい」「良くなってさっぱりとして欲しい」という意味が含まれるため、「快復」を使ったほうがよい。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「ピーマン」と「パプリカ」

  2. 「取締役」「役員」「執行役員」

  3. 「長い」と「永い」

  4. 「霧(きり)」「靄(もや)」「霞(かすみ)」

  5. 「王将」と「玉将」

  6. 「ひやむぎ」と「そうめん」

  7. 「パート」と「アルバイト」

  8. 「共同」「協同」「協働」

  9. 「鮭」と「サーモン」

  10. 「飲む」と「呑む」

おすすめ

  1. 「改定」と「改訂」

  2. 「醸造酒」「蒸留酒」「混成酒」

  3. 「ねぶた」と「ねぷた」

  4. 「シャベル」と「スコップ」

  5. 「チョッキ」「ベスト」「ジレ」

  6. 「伺う」と「窺う」

  7. 「マナー」と「エチケット」

  8. 「異常」と「異状」

  9. 「バター」「マーガリン」「ファットスプレッド」

  10. 「デニム」「ジーンズ」「ジーパン」

TOP