「懐古」と「回顧」


懐古と回顧は、昔を思い返すという点では共通するが、意味に違いがあり、使い分けが必要である。

懐古には「懐かしむ」の漢字が含まれているように、昔のことを懐かしく思うこと。
回顧には「顧みる」が含まれているように、過去を顧みることを意味する。

「子供の頃をかいこする」という場合、「あの頃は良かった」と肯定的で、懐かしく思い返しているのであれば、「懐古」と書く。
良くも悪くも、事実を客観的・批評的な見方で思い返しているのであれば、「回顧」である。

自分の生きた時代を振り返り記録したものを「回顧録」という。
人生を振り返る時には、懐かしむ気持ちも生まれるかもしれないが、懐かしむばかりではなく、事実を記録するものなので、「懐古録」と書くのは誤りである。

自分が生まれる以前のこと、経験していないことでも、どこか懐かしく感じられることはあるため、懐古は「明治時代を懐古する」や「懐古趣味」といった使われ方もする。

ランダム 今見られているページ
  1. 「昨年」「去年」「前年」「旧年」

  2. 「ハンチング帽」「キャスケット」「ベレー帽」

  3. 「関東」「関東地方」「首都圏」「東京圏」

  4. 「宿命」と「運命」

  5. 「お菓子」と「駄菓子」

  1. 「同居」「同棲」「内縁」

  2. 「赤身魚」「白身魚」「青魚」

  3. 「開放」と「解放」

  4. 「おはぎ」と「ぼたもち」

  5. 「始末書」と「顛末書」

  6. 「保証」「保障」「補償」

  7. 「口紅」「グロス」「ルージュ」「リップ」

  8. 「辞任」「辞職」「退任」「退職」

  9. 「特徴」と「特長」

  10. 「退社」と「退勤」

おすすめ

  1. 「長い」と「永い」

  2. 「ビュッフェ」と「バイキング」

  3. 「口紅」「グロス」「ルージュ」「リップ」

  4. 「徳利」と「お銚子」

  5. 「チョッキ」「ベスト」「ジレ」

  6. 「勧める」「奨める」「薦める」

  7. 「影」と「陰」

  8. 「出社」と「出勤」

  9. 「サラリーマン」と「ビジネスマン」

  10. 「ベランダ」「バルコニー」「テラス」

TOP