「賀正」「迎春」「謹賀新年」「恭賀新年」


年賀状の冒頭に用いられる賀詞には、「賀正」「迎春」「謹賀新年」「恭賀新年」などがある。
その他にも、一文字の賀詞に「寿」「福」「賀」「春」「禧」、二文字には「新春」「初春」「賀春」「頌春」「慶春」「寿春」、四文字に「謹賀新春」「恭賀新春」「敬頌新禧」、文章の賀詞に「明けましておめでとうございます」「新年おめでとうございます」「新春のお慶びを申し上げます」「謹んで初春のお慶びを申し上げます」「謹んで新春のご祝詞を申し上げます」、英語の「Happy New Year」など多くある。

これらのうち、「寿」「福」などの一文字の賀詞、「賀正」「迎春」などの二文字の賀詞は、友人や同僚など親しい間柄や目下の相手には使えるが、目上の相手に対してはふさわしくない。
その理由は、「寿」であれば「めでたい」「福」は「幸せ」、「賀正」は「新年を祝う」、「迎春」は「新年を迎える」と言っているに過ぎず、相手に対する敬意や丁寧さに欠けるからである。

いっぽう四文字の賀詞は、「謹賀新年(つつしんで新年の喜びを申し上げます)」「恭賀新年(うやうやしく新年をお祝い申し上げます)」「敬頌新禧(うやうやしく新年の喜びをおたたえ申し上げます)」というように、丁寧さもあり、敬意も表されているため、目上の相手に使うことができる。

四文字の賀詞は、目上の相手に限らず、友人や目下の相手にも使える。
また、文章や英語の「Happy New Year」も相手を問わず使えるため、相手によって賀詞を使い分けることが難しい場合は、四文字・文章・英語の賀詞を使うのが無難である。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「特徴」と「特長」

  2. 「重体」「重傷」「軽傷」

  3. 「王将」と「玉将」

  4. 「召集」と「招集」

  5. 「改定」と「改訂」

  6. 「霧(きり)」「靄(もや)」「霞(かすみ)」

  7. 「出生地(生まれ)」「出身地」「地元」「故郷」

  8. 「ブイヨン」「コンソメ」「鶏ガラスープ」

  9. 「忖度」と「斟酌」

  10. 「祝日」「祭日」「祝祭日」

おすすめ

  1. 「バター」「マーガリン」「ファットスプレッド」

  2. 「同級生」「同期生」「同窓生」

  3. 「遵守」と「順守」

  4. 「制作」「製作」「作成」「作製」「製造」

  5. 「紫蘇(シソ)」と「大葉」

  6. 「整理」と「整頓」

  7. 「病院」「医院」「クリニック」「診療所」

  8. 「代表取締役」「社長」「代表取締役社長」

  9. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  10. 「マナー」と「エチケット」

TOP