「怖い」「恐い」「強い」


怖いと恐いは、ともに、悪い結果が予想され、不安である、近寄りたくない、身がすくむ。また、不思議な力がありそうで不気味であるといった意味で使われる。
「怖い」と「恐い」に意味の違いがないため、「怖い」と「恐い」には使い分け方もない。
ただし、私的な文章では「怖い」と「恐い」のどちらを使っても問題ないが、「恐い」は常用漢字外であるため、公用文では「怖い」を使わなければならない。

「恐い」を別の読み方をすると「恐ろしい」になる。
「怖い」は心情を主観的に表し、「恐ろしい」は客観的に表す言葉であるため、主観的な時には「怖い」、客観的な時には「恐い」という使い分け方をいわれることもある。
しかし、「怖い」と「恐ろしい」の比較は、常用漢字外である「恐い」を使わず、常用漢字の「怖い」と「恐ろしい」を比較したものであり、「怖い」には「恐い」も含まれている。
つまり、「怖い」と「恐ろしい」の違いは、「恐い」と「恐ろしい」の違いでもあるため、それを元に「怖い」と「恐い」の使い分けを考えることはナンセンスである。

強いは、「つよい」とも読み、「手強い(てごわい)」という言葉もあるように、力強い、強情である、かたい、ごわごわしているといった意味で使う。
「怖い・恐い」と「強い」では意味が異なるが、元々、「こわい」は「かたい」という意味で、そこから「つよい」の意味が生まれ、「つよい」から「近寄りたくない」といった感情を表すようになったもので、「怖い」も「恐い」も「強い」も語源は同じである。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「暖かい」と「温かい」

  2. 「祝日」「祭日」「祝祭日」

  3. 「思う」と「想う」

  4. 「修正」と「訂正」

  5. 「居眠り」と「うたた寝」

  6. 「体」と「身体」

  7. 「元日」「元旦」「正月」

  8. 「心肺停止」と「死亡」

  9. 「足」「脚」「肢」

  10. 「悲しい」と「哀しい」

おすすめ

  1. 「主催」「協賛」「協力」「後援」

  2. 「幼稚園」「保育園」「保育所」「託児所」

  3. 「森」「林」「森林」

  4. 「霧(きり)」「靄(もや)」「霞(かすみ)」

  5. 「筆者」「著者」「作者」

  6. 「賀正」「迎春」「謹賀新年」「恭賀新年」

  7. 「忖度」と「斟酌」

  8. 「拝啓」「謹啓」「前略」

  9. 「夏日」「真夏日」「猛暑日」「酷暑日」「熱帯夜」

  10. 「クレヨン」と「クレパス」

TOP