「蝶(チョウ)」と「蛾(ガ)」


蝶は昼行性で昼に飛び、蛾は夜行性で夜に飛ぶと言われるが、夜に飛ぶ蝶もいれば、昼に飛ぶ蛾もいる。

蛾は茶色を保護色とするものが多いことや、夜行性で派手な模様になる必要がないため、蝶は美しく、蛾は醜いというイメージもあるが、昼行性の蛾の中には、蝶よりも美しいと思えるものも多く存在する。

蝶は胴体が細く、蛾は胴体が太いと言われるが、胴体が太い蝶もいれば、胴体の細い蛾もいる。

蝶は羽をたたんでとまり、蛾は羽を広げてとまると言われるが、蝶の中にも羽を広げてとまるものが多く存在し、蛾の中にも羽を広げずにとまるものもいる。

蝶の触角は先がふくらんだこん棒状で、蛾の触角は糸状・櫛状・羽毛状など様々。
蝶と同じ形の触角を持つ蛾もいる。

上記のとおり、よく言われる違いも「日本に生息する蝶と蛾の一般的な違い」を言ったもので、例外が多く、明確に区別することは難しい。
そもそも、「蝶」と「蛾」は同じ「鱗翅目の昆虫」で、生物分類学上でも区別されていない。
また、日本語や英語では「蝶(butterfly)」と「蛾(moth)」を区別しているが、フランス語やドイツ語など多くの言語では、「蝶」と「蛾」の区別はなく、ひとつの言葉で言い表されている。

関連リンク

蝶の意味・語源・由来
蛾の意味・語源・由来

ランダム 今見られているページ
  1. 「死体」と「遺体」

  2. 「了解」「了承」「承知」「承諾」

  3. 「皮」と「革」

  4. 「歳」と「才」

  5. 「成長」と「生長」

  1. 「精算」と「清算」

  2. 「署名」「記名」「サイン」

  3. 「高齢者等避難」「避難指示」「緊急安全確保」

  4. 「留意」「注意」「用心」

  5. 「修正」と「訂正」

  6. 「同居」「同棲」「内縁」

  7. 「冒険」「探検」「探険」

  8. 「ワイシャツ」と「カッターシャツ」

  9. 「遵守」と「順守」

  10. 「王将」と「玉将」

おすすめ

  1. 「Q&A」と「FAQ」

  2. 「事業家」「実業家」「企業家」「起業家」「経営者」

  3. 「ズワイガニ」「松葉ガニ」「越前ガニ」

  4. 「ピーマン」と「パプリカ」

  5. 「赤身魚」「白身魚」「青魚」

  6. 「許可」と「認可」

  7. 「シミュレーション」と「シュミレーション」

  8. 「長い」と「永い」

  9. 「有る」「在る」「或る」

  10. 「つくね」と「つみれ」

TOP