「上る」「登る」「昇る」


「のぼる」の漢字には、「上る」と「登る」と「昇る」がある。
広く一般的に使われるのは「上る」で、「階段を上る」「坂道に上る」など、下から上へと一歩一歩足を運ぶ、上へと向かうこと。
「都に上る」「上り列車」など、都へ行く、地方から中央へ行くこと。
「話題に上る」など、取り上げられること。
「食卓に上る」など、高い所に置くこと。
「百万人に上る」など、ある数量に達すること。
のぼせる、逆上を意味する「頭に血が上る」など、使われる意味の幅も広い。

登るは、意図的に、また、踏ん張って高い所へ進む意味の時に使う。
「山に登る(登山)」「頂上まで登る(登頂)」「マウンドに登る(登板)」「演壇に登る(登壇)」のように、熟語で考えると使い分け方も覚えやすい。

昇るは、「天に昇る」「日が昇る」「煙が昇る」など、空中に高くあがる意味が基本としてある。
そこから、「神殿に昇る(昇殿)」といった天を表すような場所にあがったり、「地位が昇る(昇進)」など高い地位に就く意味でも使う。
また、「エレベーターで昇る」「エスカレーターで昇る」のように、昇るは下から上へ移動する意味の中で、「降りる」の反対語(昇降)となる場合に用い、勢いよくあがる、機械を使ってあがるといった意味にも使われる。

ふつう、「階段をのぼる」は「階段を上る」と書くが、表現によっては「登る」や「昇る」を使うこともある。
急な階段をのぼったり、赤ちゃんが階段をのぼる場合は、踏ん張って高い所へ進む、よじ登ることを表すため、「階段を登る」と書いた方が伝わりやすい。
「天国への階段をのぼる」という場合は、天に昇ることを表すため、「天国への階段を昇る」と書く。

このような使い分けを特に意識しない場合は、一般的な「上る」を使うか、ひらがなで「のぼる」と書けばよい。

ランダム 今見られているページ
  1. 「食料」と「食糧」

  2. 「わび」と「さび」

  3. 「暖かい」と「温かい」

  4. 「蝶(チョウ)」と「蛾(ガ)」

  5. 「生誕」と「誕生」

  1. 「見る」「観る」「視る」「診る」「看る」

  2. 「追求」「追及」「追究」

  3. 「高齢者等避難」「避難指示」「緊急安全確保」

  4. 「しらたき」と「糸こんにゃく」

  5. 「召集」と「招集」

  6. 「戸籍謄本」と「戸籍抄本」

  7. 「使用」と「利用」

  8. 「卵」と「玉子」

  9. 「ビュッフェ」と「バイキング」

  10. 「うなぎ」と「あなご」

おすすめ

  1. 「ピーマン」と「パプリカ」

  2. 「改定」と「改訂」

  3. 「主催」「協賛」「協力」「後援」

  4. 「うなぎ」と「あなご」

  5. 「ニホン」と「ニッポン」

  6. 「昨年」「去年」「前年」「旧年」

  7. 「弁済」と「返済」

  8. 「下駄」「草履」「雪駄」「わらじ」

  9. 「簾(すだれ)」と「葦簀(よしず)」

  10. 「事実」と「真実」

TOP