「クッキー」「ビスケット」「サブレ」


クッキーとビスケットは区別する基準が曖昧で、「違いがある」と言えばある、「違いがない」と言えばないなものである。

クッキーとビスケットの一番の違いは、国による呼称の違いで、日本で「クッキー」や「ビスケット」と呼ばれているものが、アメリカでは両者を「クッキー」、イギリスでは「ビスケット」、フランスでは「ビスキュイ」と呼ぶ。
アメリカにも「ビスケット」と呼ばれるものはあるが、ケンタッキーフライドチキンのメニューにあるスコーンのような食べ物が、アメリカでは「ビスケット」である。

日本では、元々「ビスケット」と呼ぶのが一般的で、「クッキー」は戦後に多く使われるようになった呼称である。
ビスケットは幕末から携帯食として広まり、クッキーはアメリカ文化が多く入ってきた時期に広まったこともあり、ビスケットは安価なもの、クッキーは高級なものというイメージがついた。
ビスケットのような安価なものを「クッキー」として売ることは、消費者の誤認に繋がると考えられ、1971年に全国ビスケット協会が、ビスケットとクッキーの基準を定義した。
そこで定義されている区別を簡単にいえば、成分に含まれる糖分と脂肪分の合計が40%以上で、手作り風の外観を有するものが「クッキー」、それ以外のものが「ビスケット」である。

「手作り風の外観」という基準も曖昧だが、そもそも全国ビスケット協会による定義で、日本農林規格(JAS)が定めたものではない。
ほとんどの菓子メーカーは全国ビスケット協会に加盟しているため、スーパーなどで売られている菓子には当てはまる定義だが、協会に加盟していない小さな洋菓子店などは、これに従う必要がなく、糖分や脂肪分が40%以下のものを「クッキー」と呼んでも良いし、手作り感のあるものを「ビスケット」と呼んでも良いのである。
しかし、多くの場合は、ビスケットより脂肪分が多く、手作り感のあるものがクッキーという、全国ビスケット協会の基準に近い形で認識されている。

サブレ(サブレー)は、フランスから伝わった菓子で、ビスキュイの一種。
つまり、サブレはビスケットやクッキーの一種。
全国ビスケット協会にサブレの定義はないが、ビスケットに比べて、バターやショートニングの比率が高く、バターの風味とサクッとした食感のものがサブレである。

ちなみに、クラッカーや乾パンもビスケットの一種。
クラッカーは、塩味の堅焼きにした薄くて砕けやすい、イーストや酵素が入ったビスケット。
乾パンは、長期保存や携帯に便利なよう、水分を減らして堅く作ったビスケット様のパンである。

パンであれば別物と思うかもしれないが、ビスケットの語源は「二度焼いたパン」。
長期保存するために、乾かしたパンをもう一度焼いたものがビスケットの始まりで、元々はパンである。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「記入」「記載」「記述」

  2. 「チョッキ」「ベスト」「ジレ」

  3. 「マフラー」「ストール」「ショール」「スカーフ」

  4. 「パンケーキ」と「ホットケーキ」

  5. 「通夜」「葬儀」「告別式」

  6. 「異常」と「異状」

  7. 「チャーハン」「ピラフ」「焼き飯」

  8. 「ひやむぎ」と「そうめん」

  9. 「戸籍謄本」と「戸籍抄本」

  10. 「精算」と「清算」

おすすめ

  1. 「褒める」と「誉める」

  2. 「重体」「重傷」「軽傷」

  3. 「探求」と「探究」

  4. 「ひつじ雲」「うろこ雲」「いわし雲」

  5. 「おしるこ」と「ぜんざい」

  6. 「弁済」と「返済」

  7. 「フィナンシェ」と「マドレーヌ」

  8. 「伏線」と「布石」

  9. 「冒険」「探検」「探険」

  10. 「チョッキ」「ベスト」「ジレ」

TOP