「絶対」と「絶体」


絶対と絶体は、全く意味の異なる言葉。
「ぜったいぜつめい」は「絶体絶命」としか表記しないが、「絶体」よりも「絶対」の方が絶対的に使用が多いため、「絶対絶命」と誤表記されることが多い。

絶対は他との対立や比較を絶しているという意味で、他に比較・対立するものがないことや、他の何ものにも制約・制限されないことを表し、「絶対君主」や「絶対の真理」と使われる。
このような意味から、「絶対合格する」「絶対に許さない」など、決して・断じて・何がどうあっても必ずといった意味でも絶対は使われる。

絶体は、九星術で凶を示す星の名から来ている言葉。
「絶」は、それ以上続けられないぎりぎりの状態のことで、絶体は、体が存続できない限界の状態、体が尽きるような状態を表す。
つまり、絶体は、どうにも逃れられない窮地・立場に追い込まれることを意味する。
歌や本などのタイトルに「絶体」を含んだ言葉(造語)を使うことはあるが、一般には「絶体絶命」もしくは「絶体絶命」の略以外で使用されることはない。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「上白糖」「グラニュー糖」「三温糖」

  2. 「生かす」と「活かす」

  3. 「広島原爆」と「長崎原爆」

  4. 「始末書」と「顛末書」

  5. 「精算」と「清算」

  6. 「交代」と「交替」

  7. 「異常」と「異状」

  8. 「修正」と「訂正」

  9. 「卵」と「玉子」

  10. 「シャベル」と「スコップ」

おすすめ

  1. 「思う」と「想う」

  2. 「幼稚園」「保育園」「保育所」「託児所」

  3. 「吸血鬼」「ヴァンパイア」「ドラキュラ」

  4. 「寝る」と「眠る」

  5. 「越える」と「超える」

  6. 「鮭」と「サーモン」

  7. 「暖かい」と「温かい」

  8. 「配布」と「配付」

  9. 「帰省」「帰郷」「里帰り」

  10. 「収める」「納める」「治める」「修める」

TOP