「元日」「元旦」「正月」


元日は、1年の最初の日で、1月1日のこと。
元旦は、元日の朝、元日のこと。
元旦の「旦」の字は、太陽が地平線から出るさまを表した漢字で、朝や夜明けを表すため、元旦は1月1日の朝のみを表すともいわれるが、1月1日(元日)も意味する。
しかし、元旦が元日の朝も意味することには変わりないため、1月1日の朝をいう場合は、「元旦の朝」とはいわず「元日の朝」というのが正しい。

年賀状は、1月1日の朝に届くよう出すのが礼儀であるため、日付は「元日」ではなく、ふつうは「元旦」と書く。
「◯◯年元旦」と年号を付けることは良いが、「一月元旦」と月を付けてしまうと、1月が重複するため間違いである。

正月は1月のことで、元日や元旦と異なり、1年の最初の月を表す。
ただし、元日から1月末日までの1カ月間を指して使われることは少なく、一般には正月を祝う期間を指す。
その期間は、大きく分けると三が日と松の内に分けられる。

三が日は、元日から3日間のこと。
国民の祝日は元日のみだが、官公庁や金融機関などは三が日を休日とし、一般企業もこれに準じていることが多い。
また、新年を迎えて世の中がお祭りムードになっている期間でもあるため、「正月休み」や「正月気分が抜けない」など、元日に近い意味での「正月」は、三が日のことをいう。

松の内は、正月の松飾りのある内の意味で、風習・行事としていう場合の「正月」は、松の内を指していることが多い。
昔は元日から15日までを「松の内」といったが、現在は7日までをいうのが一般的である。
ただし、地域の風習によって違いがあり、関西地方では15日(小正月)までが多く、一部地域では20日(二十日正月)までというところもある。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「取締役」「役員」「執行役員」

  2. 「時期」「時季」「時機」

  3. 「思う」と「想う」

  4. 「保証」「保障」「補償」

  5. 「不倫」と「浮気」

  6. 「会社員」「社員」「従業員」「職員」

  7. 「バカ」と「アホ」

  8. 「退職願」「退職届」「辞表」

  9. 「精進」と「邁進」

  10. 「チャーハン」「ピラフ」「焼き飯」

おすすめ

  1. 「中部地方」「東海地方」「東海三県」「中京圏」

  2. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  3. 「計る」「測る」「量る」

  4. 「首相」「内閣総理大臣」「総裁」

  5. 「スパッツ」「レギンス」「タイツ」「トレンカ」

  6. 「押印」「捺印」「押捺」

  7. 「王将」と「玉将」

  8. 「基準」と「規準」

  9. 「シャベル」と「スコップ」

  10. 「延期」「順延」「延長」

TOP