「修正」と「訂正」


修正と訂正は、共に改め直すことを意味するが、使える範囲や印象に違いがある。

修正は、間違いや不十分と思われる箇所を改め直すことで、直す対象に必ずしも間違いがあるとは限らない。
訂正は、誤りを正しく直すことで、対象に必ず間違いがある。

自分が誤っていた場合は、「修正いたします」と言っても「訂正いたします」と言っても、意味は同じである。
相手が誤っていた場合も、「修正してください」「訂正してください」のどちらを使っても、意味は同じである。

しかし、訂正は誤りがあることが前提の言葉であるため、自分が誤っていた場合は、「修正いたします」よりも「訂正いたします」と言ったほうが、誤りを素直に認めている印象を与え、謝罪の意思も感じられる表現となる。
相手が誤っていた場合は、「修正してください」よりも「訂正してください」と言ったほうが、「間違っているから直しなさい」という上から目線の印象を与える表現となる。

また、「軌道修正」とは言うが「軌道訂正」とは言わないように、修正は文章や誤字のほか、意見・考え・方向などを直すことにも用いられるが、訂正は特に文章・誤字・発言などの誤りを正しくすることに用いられる言葉である。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「戦略」と「戦術」

  2. 「整理」と「整頓」

  3. 「モツ」と「ホルモン」

  4. 「目的」と「目標」

  5. 「開放」と「解放」

  6. 「以下」と「未満」

  7. 「拝啓」「謹啓」「前略」

  8. 「署名」「記名」「サイン」

  9. 「ピーマン」と「パプリカ」

  10. 「居眠り」と「うたた寝」

おすすめ

  1. 「制作」「製作」「作成」「作製」「製造」

  2. 「醸造酒」「蒸留酒」「混成酒」

  3. 「香水」「オーデコロン」「オードトワレ」「オードパルファム」「パルファム」

  4. 「電気」「電機」「電器」

  5. 「中部地方」「東海地方」「東海三県」「中京圏」

  6. 「懐古」と「回顧」

  7. 「幽霊」「妖怪」「お化け」

  8. 「チョッキ」「ベスト」「ジレ」

  9. 「コリアンダー」と「パクチー」

  10. 「十分」と「充分」

TOP