「見る」「見つめる」「眺める」


見るは、視覚によって認識することを広く意味する言葉で、前後の表現によって「見つめる」「眺める」の意味にもなる。
また、視覚から得た情報によって判断することから、「観察する」「調べる」「判断する」といった意味でも使う。

見つめるは、対象から視線をそらさず、その物をじっと見続けること、凝視することを意味し、多くは、意識や思考も対象に集中した状態を表す。

眺めるは、一点に集中せず、視野に入ってくるもの全体を広く見る意味で使われる。
そのため、一点に集中して見るのが「見つめる」、広く全体を見るのが「眺める」などともいわれるが、「しげしげと眺める」と言うように、一点に集中して見る意味でも「眺める」は使う。

ただし、眺めるの方が、ぼんやりとした印象を与えるため、視覚的には一点を見ているものの、意識や思考が他にある状態には「眺める」が多く使われる。
「空を見つめながら考える」といった場合、空のことを考えている訳ではないが、「空を眺めながら」が漠然とした考え、ぼんやりとした印象を与えるのに対し、「見つめながら」は、考えていることに対する集中や強い意志を持つ印象を与える。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「モツ」と「ホルモン」

  2. 「うなぎ」と「あなご」

  3. 「代表取締役」「社長」「代表取締役社長」

  4. 「上る」「登る」「昇る」

  5. 「ベランダ」「バルコニー」「テラス」

  6. 「パンケーキ」と「ホットケーキ」

  7. 「遵守」と「順守」

  8. 「観賞」と「鑑賞」

  9. 「ビュッフェ」と「バイキング」

  10. 「スパッツ」「レギンス」「タイツ」「トレンカ」

おすすめ

  1. 「意図的」と「恣意的」

  2. 「長い」と「永い」

  3. 「時期」「時季」「時機」

  4. 「事業家」「実業家」「企業家」「起業家」「経営者」

  5. 「暖かい」と「温かい」

  6. 「邦人」と「日本人」

  7. 「弁済」と「返済」

  8. 「改定」と「改訂」

  9. 「意思」と「意志」

  10. 「暑い」と「熱い」

TOP