「無料」と「無償」


無料も無償も、商品やサービスに対する料金を払わなくてよいという意味では同じだが、どちらが得かといえば、無償の方が得である。

無料には、料金を払う必要がないという意味しかなく、無条件ということではない。
裏を返せば、料金を必要としない代わりに会員登録をしたり、商品のレビューを書くなど、料金以外の対価を求められる可能性もあるのが無料である。

「無償の愛」や「無償の奉仕」といった言葉もあるように、無償は一切の見返りを求めないこと。
料金が必要ないだけではなく、会員登録や商品レビューなど、相当する見返りも求められないのが無償である。

ランダム 今見られているページ
  1. 「アシカ」「アザラシ」「セイウチ」

  2. 「戦争」「紛争」「内戦」

  3. 「香り」「薫り」「馨り」

  4. 「飲む」と「呑む」

  5. 「ハイキング」「ピクニック」「遠足」

  1. 「夫」「主人」「旦那」「亭主」

  2. 「特徴」と「特長」

  3. 「飲む」と「呑む」

  4. 「開放」と「解放」

  5. 「赤身魚」「白身魚」「青魚」

  6. 「忖度」と「斟酌」

  7. 「シミュレーション」と「シュミレーション」

  8. 「聞く」「聴く」「訊く」

  9. 「戸籍謄本」と「戸籍抄本」

  10. 「退職願」「退職届」「辞表」

おすすめ

  1. 「経験」と「体験」

  2. 「懐古」と「回顧」

  3. 「聞く」「聴く」「訊く」

  4. 「リンス」「コンディショナー」「トリートメント」

  5. 「幼稚園」「保育園」「保育所」「託児所」

  6. 「マナー」と「エチケット」

  7. 「十分」と「充分」

  8. 「効く」と「利く」

  9. 「簾(すだれ)」と「葦簀(よしず)」

  10. 「病院」「医院」「クリニック」「診療所」

TOP