「臭い」「匂い」「香り」


臭いは「くさい」とも読むように、「ゴミの臭い」「下水の臭い」など、不快なものが対象。
「犯罪の臭いがする」など、いかにもそれらしい感じ、好ましくない雰囲気を感じるといった意味でも用いる。

匂いは、「花の匂い」「香水の匂い」など、好ましいものが対象。
臭いと同じく、いかにもそれらしいという意味で使うが、好ましく感じられるもの、趣があるものに対して用いる。

においを「ニオイ」とカタカナ表記する場合は、好ましくないにおい(臭い)を表すことが多い。

香りは匂いと同義語で、良いにおい、よい感じがする、美しいといった意味がある。
「はなのにおい」という場合は、「花の匂い」と「鼻の臭い」の二つの意味があり、悪臭を表すこともあるが、香りに悪臭の意味はなく、「はなのかおり」と言えば、花の良い匂いのことである。
また、「匂い」よりも「香り」とした方が、高級な印象を与えることが多い。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「悲しい」と「哀しい」

  2. 「思う」と「想う」

  3. 「精進」と「邁進」

  4. 「記入」「記載」「記述」

  5. 「紫蘇(シソ)」と「大葉」

  6. 「意思」と「意志」

  7. 「忖度」と「斟酌」

  8. 「積極的」「自発的」「能動的」

  9. 「伯父」「叔父」「小父」

  10. 「フクロウ」と「ミミズク」

おすすめ

  1. 「生誕」と「誕生」

  2. 「登山」「トレッキング」「ハイキング」

  3. 「問題」と「課題」

  4. 「保証」「保障」「補償」

  5. 「バター」「マーガリン」「ファットスプレッド」

  6. 「うなじ」「襟足」「首筋」

  7. 「上白糖」「グラニュー糖」「三温糖」

  8. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  9. 「経験」と「体験」

  10. 「能率」と「効率」

TOP